Skip to main content

雑学・豆知識

10月、神無月の由来を知っていますか?

2017.09.29

こんにちは、久松のヒサノです。

9月も終わり、10月になりますね。
年末まであと3ヵ月…まだまだやることは多いので年末に向けた準備はしっかりしないといけませんね!

SNSでシェアする

さて、10月といえば「神無月(かんなづき/かみなしづき)」と呼ばれています。
神無月は一般的に出雲大社に各地の神様が出向くので神様が不在の月と言われていますが、これもひとつの解釈だそうです。
特に有力な説と言われているのが神無月の「無」は無いと言うではなく「の」という意味。
由来は諸説ありますが、「神の月」つまりは神様を祭る月だから神無月と呼ぶ説があります。
6月の水無月も水が無いのではなく「水の月」という意味があるそうです。

逆に神様が集う出雲大社がある島根県では10月は神在月(かみありづき)と呼ばれています。
ここから「無」が無い、神様がいないということになったのでは?と考えられているそうですが、根拠はないそうです。
ほかにも、雷が鳴らない月で「雷無月(かみなしづき)」や新穀でお酒を醸(かも)す月ということで「醸成月(かみなしづき)」から神無月と呼ばれるようになったなど定かではない話が多いようです。

実際に神様が出雲に出向くのは、旧暦の10月、新暦では11月頃になります。
出雲大社では旧暦に合わせ11月末頃に祭事が行われています。
そのため、神無月である新暦10月から、祭事が行われている11月頃は特に人が多くなるそうです。

出雲大社は、特に縁結びで有名。
神様が出雲に集まるのも各地の報告や天気や農作物についてのほかに縁結びについて話し合うのがメインだといわれているほど。
縁結びは恋愛だけではなく、良縁や人間関係なども縁結びになります。
たとえば「仕事でいいご縁がありますように~!」というのも縁結びになりますので、人間関係で悩んでいるなら今のうちにお願いするのも良いかもしれませんね。

「神無月の間、近くの神社に参拝しても意味がないの?」と私も思ったことがあるのですが、神様の留守を守る「留守神様」がいらっしゃるので参拝しても問題はないようです。

皆さまは出雲大社に行ったことはありますか?
私は以前、バスツアーで出雲大社に行ったことがあるのですがその時期は、とても紅葉が綺麗な時期でした。
ツアーガイドの方が「紅葉狩りツアーの時よりも見事な紅葉です」と紹介されていたほど。

残念ながら雨が降っていたこともあって、天気は良くなかったのですが、出雲大社についたら雨は上がっていて色々な所をゆっくり見て回れました。
また、雨上がりだからこそ見れる山景色もありました。
山からもやのような雲が立ちのぼるところは狙って見れるものではないため出雲大社のガイドをしている方でもなかなかお目にかかれないそうです。
珍しいものを見ることができて、いい出雲観光が出来ました。

出雲の食べ物といえば、出雲そばと神在餅が有名ですよね。
神在(じんざい)餅はぜんざいのこと。出雲弁がなまって、ずんざい から ぜんざいに変わっていったようです。
また、ぜんざいは出雲が発祥の地だそうで、身近な食べ物の起源がこんな所に!とびっくりしました。
出雲そばは食べるタイミングが無く、食べられなかったので次の機会があればぜひ食べてみたいです!

いかがでしたでしょうか?
神無月や神様が集う出雲との関係を少しでも興味もっていただけたなら幸いです。
これからの時期、紅葉狩りも楽しみですね。
ただ寒くなる季節ですし風邪には十分気をつけて秋を楽しんでください!
それでは!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 梅雨の体調管理は食から! 梅雨バテの正体 梅雨時期には湿気が多くなり、私たちの体内にもその湿気が入ってきます。 その影響で体調不良を起こしやすくなるのですが、 人体への悪影響を及ぼす湿気を東洋医学では「湿邪」と呼んでいます。 さらに、「外湿」と「内湿」の2つのタイプがあり、 タイプごとに目立つ症状も異なります。 ▼外湿とは…雨などで湿気の多い時期、体内の水が外に出て行きにく […]
  • 栄養を取り戻せ!熱中症に効果的な食べ物は? 熱中症の症状 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。 症状 ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い ○頭痛、吐き気 […]
  • 新年を飾る簡単でかわいい箸置きの折り方 来年はおせち飾りにちょっとひと手間!華やかな和柄で手作りのお箸置きなんていかがですか? 箸袋でも出来てしまう鶴の折り方がとても簡単で可愛いのでご紹介したいと思います。 いかがでしたか? ご参考になりましたら幸いです。 祝い箸の袋など厚みのある紙だと折りにくいので、おりがみや薄手の紙がオススメです。 特別な一日を華やかに彩ってみてはいかがでしょうか。 […]
  • 2018年の半夏生はもうすぐ!たこ・鯖・うどんが大活躍! 半夏生の由来とは? 半夏生は夏至(1年で一番日が長い日)から数えて11日目。今年、2018年は7月2日にあたります! また、「半夏生」は暦日の一つで、本格的な夏が来る前に田植えなどで疲れた身体を休める時期とされてきました。 農家の方はこの日までに田植えを済ませ、 半夏生以降は田植えをしないという習慣がありました。 そしてなぜ「半夏生」という名前なのかと言うと […]
  • 冬の栄養不足にはみかんが効果的! みかんの種類 冬みかんやミカンと呼ばれるものは、大体『ウンシュウミカン』の事を指しています。 温州とは、中国の温州にちなんで命名されていますが、原産は鹿児島県と言われているそうです。 そこからブランドみかんとして様々な名前のみかんが出されているんですね。 甘いみかんの見分け方 みかんですが、食べるまで甘味がわかりづらいですよね。 収穫してから時間が経ってるものは、 […]
  • 水炊き寒い日には鍋!皆さまはなに鍋がお好きですか? 水炊きのお店があるほど、水炊きが主流の福岡ですが、いつ頃からの文化なのか気になり水炊きについて少し調べてみました。 水炊きの起源は諸説ありますが、1643年に料理物語という当時のレシピ本に「南蛮料理」として載ったのが始まり、江戸時代の終わりまで、長崎の家庭料理として伝えられ長崎の人から博多へ伝わり、博多名物の鶏の水炊きになったそうです。 現代では、水炊きは九州と関 […]

博多久松おすすめ商品

  • 【2019年新春】博多久松おせち特集
  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」

SNSでシェアする

【2019年新春】博多久松おせち特集
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【2019年新春】博多久松おせち特集
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」