Skip to main content

雑学・豆知識

ご利益、損してませんか?祝い箸の正しい使い方

2017.06.15
祝い箸

こんにちは、久松のヒサノです。
今年も残り半分、折返し地点になってきました。
久松はこれからが本領発揮!
おせちに関する部分は着々と進んでいますので、商品ページの公開まで楽しみにお待ちくださいね。

さて、祝い箸ってご存知ですか?
箸袋に寿と書かれたお正月などのお祝い事で使用されるお箸のことです。
この祝い箸にも、由来や作法などがあり、改めて調べてみると知らなかったことも意外とありました。
今回は、この祝い箸についてお話したいと思います。

SNSでシェアする

祝い箸とは

祝い箸:いわいはし/いわいばし
祝い箸の長さは八寸(約24センチ)で、両端が細くなるように削った丸箸を言い、柳の木で作られています。
祝い箸は縁起が良いといわれる由来は「末広がりの八寸」と言う部分にあります。
末広がりとは、本来は扇(おうぎ)の異称で「八」と言う字が扇の形に似て、下に向け次第に広がっていく事から「末広がり」と呼ばれるようになったと言われています。
また、日本や中国で「八」は幸運の数字といわれています。
八、8は古代日本において聖数とされていて漠然と数が大きいことを示す時にも使われていました。
よく聞くのは、八百万(やおよろず)でしょうか。
はっぴゃくまんと書きますが、本当にその数というわけではなく「数え切れないくらいたくさんいる」事を言います。
現代だと7の数字が幸運と呼ばれていますが、元々7が幸運の数字と言われていたのは英語圏からでした。
日本に浸透したのは戦後のアメリカからの影響が強く、よく耳にする「ラッキーセブン」と言うのは野球由来なんですよ。

祝い箸の別名

「両口箸(りょうくちばし)」「柳箸(やなぎばし)」「俵箸(たわらばし)」とも呼ばれ、それぞれの呼称にも由来があります。

  • 両口箸(りょうくちばし)
    祝い箸は両端が細く作られています。
    片方は、人が食べるために使い、もう一方は神様が食べるために両方使えるように考えられ、この考えを「神人共食(しんじんきょうしょく)」といいます。
    「お供え物した祝い膳を、神様に感謝し、人がいただくことでご利益を得る」という意味があります。
  • 柳箸(やなぎばし)
    祝い箸は「丈夫でしなやかな柳の木」で作られています。
    柳の木は、雪が積もっても折れないと言われているほどで、万が一祝いの席でお箸が折れる事がないよう丈夫でしなやかな材料を使うことで縁起をかついでいます。
    また、柳の木は水で清められた神聖な木として縁起がいいとされ、白木の香りが邪気を祓うといわれています。
  • 俵箸(たわらばし)
    祝い箸は中央が膨らみ、米俵に見えることから五穀豊穣を願い俵箸と呼ばれています。
    また、子孫繁栄を表す「はらみ箸」や「太箸(ふとばし)」などと呼ばれることもあります。

祝い箸の使い方

お正月の祝い箸にもいくつか作法があります。

箸袋に名前を書くのは大晦日

大晦日に家長が家族の名前をそれぞれ書き入れ、箸を入れて神棚に供えておくのが習わし。
名前を記入する場所は箸袋の表、寿の下にあいたスペースに書きます。
関東や関西で上下が違っていたり、デザインによっては記入しにくい場所もあったりするので、わかりやすく書ける所があれば大丈夫のようです。

  • 家長本人のものは「主人」と書きます
  • 家族のものは誰のものかわかるように「名前」を書きます
  • 来客用は、「上」と書きます
  • 取り分けをする際に使う取り箸には「海山(うみやま)」「組重(くみじゅう)」と書きます

海山と書くのは主に関東地域で、関西地域、特に京都では「海山」ではなく「組重」と書く場合もあります。
「海山」は、歳神様(としがみさま)・歳徳神(としとくしん)にお供えしたおせち料理を家族全員でいただくという神事の名残といわれています。
「組重」は、おせち料理が重箱に入れられるようになったことから由来し、壱の重、弐の重、参の重などから「組重」を意味しています。
せっかくなので名前を記入する位置を参考までに書いてみました。
祝い箸 参考必ずこの位置と言うことはなさそうなので、見栄え良く書けたらいいと思います。

祝い箸は使うまで神棚にお供えしておく

神棚に供える際は、箸袋に祝い箸を一膳ずつ入れ、大晦日のうちに神棚にお供えしておきます。
ただ、最近では神棚のないご家庭が多くなりました。
神棚がない場合は、鏡餅のそばにお供えしておけばいいそうですよ。
元旦に使用する際は、家長がお供えしていた箸を下ろします。

祝い箸は正月『三が日』は同じ箸を使う

元旦に使った祝い箸は、食べ終わったら自分で洗い清め、箸袋に戻し松の内(1月7日まで)は同じ箸を使うのが正しい作法。
ただ「おせち料理やお雑煮は三が日だけ」というご家庭は三が日だけでもよさそうです。
地域によっては、洗わずに毎回、使うこともあるようですが、使用しなかった先端を洗わないと言われていた事がどこかでくい違ったのではないかといわれています。
衛生面的にオススメはできませんので、使用した方の箸先は熱湯で洗ったあとしっかり乾かして箸袋に戻しましょう。

「使ってない反対側を使ったらいいじゃないか?」と思われるでしょうが、使わなかった反対側は神様が使うため、持ち替えて使うのはマナー違反とされています。
また使用しなかった先端は、ご利益が流れるという理由から洗わないそうなので、ご利益を流してしまわないようお気をつけくださいね。

祝い箸はどう処分したらいいの?

祝いの席を過ごした祝い箸は、縁起ものですので、ふつうにゴミ袋へ捨ててしまうのはダメです!
基本は、注連縄など神社でお炊き上げしていただく際に一緒に持って行くことをオススメします。
どうしてもご家庭で処分される場合は、お塩で清めてから処分されるといいと思います。

 

いかがでしたか?
おせちやお正月の関連で調べていくと、日本の伝統や縁起かつぎの由来、作法などさまざまあり、全部こなしていた昔の人はすごいなと関心してしまいます。
今、行うと大変なことばかりだと思いますが、出来ることから取り入れ、少しでも晴れの日をよりよく過ごしていただけたらと思います。
私も今年は実践して、さらなるご利益にあやかりたいものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 短冊の色で願い事が違うことをご存知ですか? 七夕の由来 七夕は「しちせき」とも呼ばれます。だとすると「なんで、たなばたって言うの?」となりますよね。 七夕の由来となる話は、3つ存在していて、それぞれ7月7日に関係するものばかりです。 中には時代の流れとともに形を変え、伝えられたものも多くあります。今回は有名な3つをご紹介します。 七夕の名前 1つ目は日本の神事として行われていた棚機(たなばた)。 七夕が「た […]
  • 1000年前から続く、ひな祭の由来 ひな祭の起源 ひな祭りはいつ頃から始まったのか、はっきりとしません。 一説では、平安時代中期(約1000年前)三月の初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、陰陽師(おんみょうじ)を呼んで天地の神に祈り、季節の食物を供え(そなえ)、草や藁(わら)、紙で作った人形(ひとがた)で体をなで、穢れを人形に肩代わりしてもらい海や川に流して、無病息災を願う、お祓い行事 […]
  • 2018おためしおせち盛り付け一足先におせち、味見してみませんか?2017年博多久松『おためしおせち』販売中! おためしおせちとは おためしおせちは4.5寸 […]
  • 本日は夏 土用の丑!「う」のつく食べ物って? 土用の丑の日って? 土用とは本来、木・火・土・金・水の五行思想から用いられた習わしです。 五行は春夏秋冬それぞれを象徴していて、 春は木 夏は火 秋は金 […]
  • 食中毒を予防する3つの大事なこと!食中毒を予防する3つの大事なこと! 食中毒とは 食中毒には様々な分類があり、特に多いのが感染型食中毒。 感染型食中毒は病原体の感染によって引き起こされるタイプでノロウイルス、カンピロバクター、サルモネラ菌による発症が最も多く、これらが全患者数の8割を占めたという報告があります。 食中毒の予防方法 食中毒を予防する3つの大事なこと! つけない 増やさない […]
  • 夏の太陽1年で一番昼の時間が長い日をご存知ですか? 答えは『夏至(げし)』です。 夏至は1年の内、もっとも昼の時間が長い日といわれ、2017年の夏至は日本の暦で6月21日。 毎年21日か22日が夏至日(げしび)といわれますが、20日~23日の間で前後する事もあります。 また北極圏では真夜中でも薄明るい白夜(はくや/びゃくや)、反対側の南極圏では太陽が沈み、日中でも薄暗い極夜(きょくや)という状態になります。 夏至とは反 […]

博多久松おすすめ商品

  • おせちカタログ2018
  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」

SNSでシェアする

おせちカタログ2018
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
おせちカタログ2018
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」