Skip to main content

雑学・豆知識

【おせち料理のいわれ】3皿目「黒豆」

2019.08.23

こんにちは、久松のヒサノです。
お正月に食卓に並ぶ「おせち料理」。
見た目も華やかでとてもおめでたい料理ですが、料理ひとつひとつの意味をご存知ですか?
今回はおせち料理の中から、第3弾『黒豆』をご紹介します。

黒豆は、その名の通り黒いですよね。
大豆の仲間なのになぜ黒いのか?というと、黒豆は皮にアントシアニンという色素を含むためです。
黒豆は最初から完全に黒いわけではないため錆びた釘と一緒に煮込むのですが、
釘に含まれている鉄の成分が黒豆のアントシアニンと反応することで、黒豆がより黒くなるそうです。

そんな黒豆には、3つのこんな願いが込められています。

「健康」
黒豆の“豆”をから「まめに動き、まめに暮らせるように」という願いが込められています。
「まめ」という言葉には、元気、丈夫などの意味があります。

「厄除け」
道教では、黒色は邪気をはらう魔除けの色とされています。
「1年間の厄払いをして、今年1年元気に過ごせるように」という願いが込められています。

「長寿」
地域によってまめにしわを寄せるかしわを寄せないかで少し理由は変わりますが、長寿の願いも込められています。
関西ではしわが寄らないように煮て、しわが寄らないよう長生きできるようにと考えられています。
一方、関東では黒豆にしわができるように煮て、しわが寄るまで長生きできるようにと考えられています。

今回はおせち料理の一品「黒豆」をご紹介しました。
黒豆が黒いからこその願いがあったり、調理法も様々ですね。
縁起物はじっくり時間をかけて作られていることも、意味を通して伝わってきます。

博多久松では、8月よりおせち料理のご予約を受け付けております。
年末年始に向けておせちの準備を始めてみるのはいかがですか?
※画像をクリックすると特集ページに移動します。
特集ページはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 【おせち料理のいわれ】5皿目「田作り」 田作りは、その名のとおり「田を作ること」に由来しています。 魚のイワシなのにどうして田んぼが由来になっているのかというと、昔は田植えの肥料として乾燥したイワシを使用していたためだそう。 更に、イワシは肥料の中でも最も高価で、この肥料を使った田んぼは豊作になることが多かったそうです。 そのため「田作り」と呼ばれるようになりました。 また、田作りは、おせち料理の祝い肴 […]
  • 【おせち料理のいわれ】4皿目「海老」 赤く華やかな海老はおせちには欠かせません。 茹でたりするとたちまち赤く色が変化する海老ですが、理由をご存知ですか? 甲殻類の殻は、アスタキサンチンという色素成分を含みます。 このアスタキサンチンは元は赤色なのですが、海老が生の状態だとタンパク質と結合した状態になり、緑っぽいような色になってしまのです。 しかし、茹でることによってタンパク質とアスタキサンチンが分離さ […]
  • 【おせち料理のいわれ】6皿目「栗きんとん」 発祥地は岐阜県中津川。 栗と砂糖のみを材料とし、茶巾で絞って形を整えて作ります。 実はこれは、おせちのきんとんとは名前が同じでも製法が違います。 そのため、発祥となった栗きんとんはおせちのものとはまた別物なのです。 きんとんと言えばねっとりしたイメージがありますが、これは「さつまいも」も使用しているためです。 先ほども説明したとおり、発祥となったきんとんは「栗」 […]
  • 【おせち料理のいわれ】1皿目「伊達巻」 くるっと巻かれた伊達巻は色鮮やかで、おせち料理の中でも華やかですよね。 伊達巻は、魚等のすり身に溶き卵と出汁を加えて味付けした物をふわふわに焼き上げ、巻き簾で巻いて作られます。 名前の由来には諸説あり、 伊達政宗の好物だったことから「伊達政宗からきた説」、 普通の卵焼きよりも洒落て凝っているため「『伊達者』からきた説」、 着物の帯に使われる伊達巻に似ていることか […]
  • 【おせち料理のいわれ】2皿目「数の子」 数の子は鰊(ニシン)の卵を天日干しまたは塩漬けにした食べ物です。 長持ちさせるために工夫されていますが、塩漬けについてはとても塩辛くなっています。 味付けをする前に適度な塩抜きが必要ですのでご注意ください! だしなどで味付けをして、ようやく馴染みのある味になるんですね。 では、どうしてニシンの子を「数の子」と呼ぶのでしょうか。 その理由は漢字の読み方に由来してい […]
  • お祝い事に深く関わる食べもの 赤飯 もともと昔から、赤い色には邪気を祓う力があるとされていました。 そのため赤米を蒸したものを神に供える風習があったようです。 赤米とは、縄文時代に中国大陸から日本に伝わってきたお米で、炊きあがるとお赤飯のような色をしています。 現在の赤飯のように小豆などが入っているご飯ではないようです。 そのように、魔除けの意味を込めて神に供える風習があったのですが、そ […]

博多久松おすすめ商品

  • お食い初め 焼鯛セット
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
お食い初め 焼鯛セット
【博多久松謹製】生姜昆布
お食い初め 焼鯛セット
【博多久松謹製】生姜昆布