Skip to main content

雑学・豆知識

地域で違う?きつねとたぬき

2020.02.07

こんにちは、久松のヒサノです。
寒い日がまだ続いていますが、こんなときには暖かいうどんやそばが食べたくなりますよね。
「きつねうどん」や「たぬきそば」など乗せる具材で動物の名前がついていますが、関東と関西で呼び名が違うことはご存知ですか?
今回はその違いについてご紹介します。

関東と関西でメニューが違う!

関東では油揚げが乗っているうどんを「きつねうどん」と呼び、そばに乗っていたら「きつねそば」と呼びます。
同様に、天かすが乗っているうどんは「たぬきうどん」と呼び、そばに乗っていたら「たぬきそば」です。

ところが、関西では「きつねそば」や「たぬきうどん」のメニューはないようです。
そのため、きつねといえばうどんを指し、たぬきといえばそばを指すそう。

きつねとたぬきの発祥

辿ってみると、実はきつねうどんの発祥は関西である大阪。
狐は商売繁盛をもたらす縁起のいい動物とされているため、好物の油揚げをうどんに乗せたことが始まりでした。

それに対して「たぬきうどん(そば)」は関東発祥。
天かすの色がたぬきを連想させ、名前の由来になったとのこと。
ちなみに名前の由来には、具を意味する「たね」を抜いた「たね抜き」が転じて「たぬき」になった説など、諸説あります。

天かすを乗せたたぬきは、関西にあまり広まらなかったようです。
関西人は、捨ててもいい天かすを入れる関東人を皮肉って、たぬきうどんを「ハイカラ」と称したとも言われています。

そんな関西でそばだけをたぬきと呼ぶようになった理由としては、「きつねがうどんであるなら、たぬきはそばだろう」といった説が強いそうです。

いかがでしたか?
確かにカップめんでも「きつねうどん」と「たぬきそば」のイメージが強い気がするので、逆のパターンに馴染みのない方もいるのではないでしょうか。
地域によって呼び名が違うのはよくあることですが、今回は理由を知らないと少しややこしいかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 正月明けの休肝日!1月7日は七草の節句 春の七草とは 1月1日から1月7日までをお正月、松の内(まつのうち)といい、春の七草は1月7日、お正月の最後の日になります。 古来中国では1月7日は「人日(じんじつ)」の日といわれており、五節句のひとつである「人日の節句」でもあります。 人日は”人の日”という意味で唐の時代に、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん/しちしゅのさいこう)」という7種類の若菜を入れた汁物 […]
  • ご存知ですか?お雑煮の由来と種類 お雑煮の由来 お雑煮とは、年中行事で年神様(歳神様)に供えた餅などを煮て食べたことから由来しており、年神様の恩恵を頂くという意味をもっています。 お雑煮を食べることにより、昨年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈るのです。 「年神様」とは、毎年正月に各家にやってくる来訪神のことで、元旦になると山など高い場所から家に幸せを与えるために降りてくると言われています。 […]
  • 贈るのはチョコだけじゃない?バレンタインデーの起源とは? バレンタインデーのはじまり バレンタインデーを英語で書くと「Saint Valentine’s […]
  • 恵方巻の方角はどっち?節分で厄払い! 今年の節分はいつ? 2020年の節分は来週の月曜、2月3日です! 毎年基本的には2月3日のイメージですが、これには法則があります。 立春の前日を節分としているのです。 昔は立春の日が新年と考えられていたため、その前日は年越しの日ということで、厄除けとして豆まきが行なわれるようになったそう。 恵方巻を食べる方角 節分に食べる恵方巻は恵方を向いて食べるとよいとされ […]
  • 正月行事の祝い納め。「二十日正月」 二十日正月とは 二十日正月(はつかしょうがつ)とは1月20日を指し、正月の祝い納めの日です。 1月20日は、お正月にお迎えした年神様がお帰りになる日と考えられていました。 地域によって異なりますが、この日にはお正月の飾り物などを全て片付け終え、締めくくる日とされています。 別名「骨正月」 二十日正月を骨正月(ほねしょうがつ)と呼ぶ、西日本の地域もあります。 […]
  • 梅の中に天神様?意外と知らない梅の雑学 梅について 一般的に梅の花は南の方から咲き始め、2月から3月が開花時期となります。 梅の種類は多く、花の色は白からピンク、赤に近いものまで様々です。 そうして花が咲き終えて6月頃になると、梅の実が熟し収穫となります。 梅にはいくつも種類がありますが、大きく「実梅」と「花梅」に分類されます。 『実梅』実を食べる目的で栽培される梅。 『花梅』花を観賞する目的で栽培 […]

博多久松おすすめ商品

  • 【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
【博多久松謹製】生姜昆布
【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
【博多久松謹製】生姜昆布