Skip to main content

雑学・豆知識

冬の栄養不足にはみかんが効果的!

2017.12.21

こんにちは、久松のヒサノです。
先日、みかん狩りに行き、たくさんみかんを採ってきました!
みかんにも様々なサイズがありますが、私は小ぶりなみかんが甘くて食べやすいので好きです。

みかんの種類

冬みかんやミカンと呼ばれるものは、大体『ウンシュウミカン』の事を指しています。
温州とは、中国の温州にちなんで命名されていますが、原産は鹿児島県と言われているそうです。
そこからブランドみかんとして様々な名前のみかんが出されているんですね。

甘いみかんの見分け方

みかんですが、食べるまで甘味がわかりづらいですよね。
収穫してから時間が経ってるものは、熟して甘くなっているのですが、食べるには早いものもあります。
そんな時、皆さまはどうされますか?
私がよく試す方法は、みかんを軽く握った時に皮や中身が柔らかいものを選ぶと甘いみかんに当たることが多いです。
ほかにも収穫前にぶら下がっていたみかんの方が甘いので、ヘタの部分が細いものを選ぶと甘いといわれています。
逆に元気なみかんは上向きに育ったのでヘタの部分が太く、甘みを成長に使ってしまい甘みくないそうです。
今度みかんを食べる時に試してみてください。

栄養不足しがちな冬にみかんは効果的

冬は特に栄養素が不足しがちといわれています。
補う為にも食事をしっかりして果物やミネラルなど積極的に摂っていきたいところですよね。
みかんは昔から風邪予防に効果的と言われているほど、みかんにはビタミンCやクエン酸、ビタミンAなど美肌効果、ストレスへの抵抗力、免疫力のアップや疲労回復効果など豊富な栄養素が含まれています。
特に、みかんの薄皮や白いすじ(アルベド)にも整腸作用や血圧の上昇を抑える効果もあります。

薄皮やすじが苦手だったり、お腹を壊すからと綺麗に剥いて食べていることもありましたが、実は良い効果があったんですね。
他にも水分補給にもとてもいいので、こたつでみかんはとても良いそうです。

ただ、水分の多さや冷たさなどから、みかんは”冷え”に繋がるとも言われていました。
本当の所はどうなのか調べた所、白いすじや袋を取り除いた実の部分を食べたり、食べ過ぎると冷えやすくなるとのこと。
皮や白いすじ、袋にはビタミンPという体を温める要素もあるので、白いすじなどを一緒に食べれば問題はないようです。
みかんは1日2個程度でも十分な栄養素を摂れるそうなので、美味しくても食べすぎには注意してくださいね。

いかがでしたか?
みかんにも色々な効能があるので、上手く取り入れて風邪や体調不良に負けないよう過ごしていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 栄養を取り戻せ!熱中症に効果的な食べ物は? 熱中症の症状 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。 症状 ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い ○頭痛、吐き気 […]
  • 年賀状の季節到来。意外と知らない歴史とは? 年賀状の由来 年賀状の起源は平安時代からとされています。 というのも、平安時代に藤原明衡という貴族が作成した「庭訓往来」に年始の挨拶の文例があるためです。 この頃から、親族やお世話になった人たちへ年始に挨拶をして回る「年始回り」の習慣も一般的に広まったとされています。 この挨拶に手紙を使用するのは、当時は一部の貴族だけで、遠方でなかなか会えない人に送っていたそうで […]
  • たけのこの秘密!白い粉って? 実は食べられる「たけのこの白い粉」? 水煮によく見られる白い粉のようなもの… この正体は、『チロシン』というアミノ酸の一種が結晶化したものです。 チロシンは脳を活性化しストレス緩和・集中力を高める等の効果があると言われています。 害はないので、洗い流さずそのまま調理して大丈夫なんです! ブドウ糖と一緒に摂取すると吸収が良くなるので、炊き込みご飯にするのがオススメ […]
  • 冬はりんごを食べよう。体内から元気に! 体にいいこといっぱい! りんごの特徴は「食物繊維が豊富」&「カリウムが豊富」なところです! それが体に与える良い影響について、詳しく説明します。 ①整腸作用 りんごの皮と果肉に含まれる食物繊維の一種である「ペクチン」は整腸作用があります。 ペクチンをエサにする乳酸菌が腸内で増殖し、腸の動きを活発にする働きが期待できるためです。 また、ペクチンは粘性をもつ食物繊 […]
  • 梅雨の体調管理は食から! 梅雨バテの正体 梅雨時期には湿気が多くなり、私たちの体内にもその湿気が入ってきます。 その影響で体調不良を起こしやすくなるのですが、 人体への悪影響を及ぼす湿気を東洋医学では「湿邪」と呼んでいます。 さらに、「外湿」と「内湿」の2つのタイプがあり、 タイプごとに目立つ症状も異なります。 ▼外湿とは…雨などで湿気の多い時期、体内の水が外に出て行きにく […]
  • 端午の節句は女性の行事だった!こどもの日に変わったのはいつ? こどもの日の別名 こどもの日のほかに、端午の節句(たんごのせっく)という呼び方を耳にした事はありますか? 端午の“端”と言う字は月の端(はし)、始まりと言う意味があり、月ごとに十二支を当てはめ、5月が午になることから、月初めの午の日を端午(たんご)と呼びます。 他に 5月5日が重なる日なので『重五(ちょうご)の節句』 […]

博多久松おすすめ商品

  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布