Skip to main content

雑学・豆知識

正月明けの休肝日!1月7日は七草の節句

2020.01.06

こんにちは、久松のヒサノです。
三が日が終わると今度は、春の七草粥や鏡開きなど、まだまだイベントが盛りだくさんですね!
本日は七草の節句についてお話したいと思います。

春の七草とは

1月1日から1月7日までをお正月、松の内(まつのうち)といい、春の七草は1月7日、お正月の最後の日になります。
古来中国では1月7日は「人日(じんじつ)」の日といわれており、五節句のひとつである「人日の節句」でもあります。
人日は”人の日”という意味で唐の時代に、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん/しちしゅのさいこう)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、邪気を払い無病息災を願うようになりました。
また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったそうです。

日本でも、奈良時代に年の初めに若菜を摘み食べて生命力をいただく「若草摘み」という風習や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習が結びつき、今の七種の野草を入れた七草粥(ななくさがゆ)に変化したそうです。
現代でも春の七草、七草粥は地方で食材や食べ方など違いがあるので、各地の七草粥を調べてみると面白いかもしれませんね。

七草の種類

春の七草は、最近ではあまり見かけないものも増えてきました。
現在では、七草の時期になると七草をそろえたパックがスーパーに並んでいることがあるので、探してみてくださいね。
主に七草と呼ばれるのがこちらです。

  • 芹(せり) 香りが良い水辺の山菜。食欲増進。
  • 薺(なずな) 別称はペンペン草。
  • 御形(ごぎょう) 別称は母子草(ハハコグサ)風邪予防や解熱に効果がある。草もちの材料。
  • 繁縷(はこべら) ビタミンAが豊富で、目に良く、腹痛の薬にもなった。
  • 仏の座(ほとけのざ) 食物繊維が豊富。
  • 菘(すずな)  蕪(かぶ)のことで、ビタミンが豊富。
  • 蘿蔔(すずしろ) 大根(だいこん)のことで、消化を助け風邪の予防にもなる。

もし、見つからない時は、七種の野菜などで代用しても良いそうですよ。

七草粥はいつ食べる?

七草粥は7日の朝に食べるといいとされています。
この日に食べるようになったのも、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり冬場の不足しがちな青菜の栄養を補給する効用もあるからといわれています。
夜の内に七草を調理しておいて、朝お粥に入れて食べるのが良いそうです。

お粥にちょっとアレンジ

お粥って、どこか味気なく感じる時はありませんか?
そんな時は、博多久松のご飯のおともシリーズ
生姜昆布や辛子たかな、高菜昆布などちょっと加えるだけで美味しさ倍増!
ぜひぜひお試しください♪

いかがでしたか?
おせちやお酒、お雑煮など、胃腸に負担が掛かりやすいこの時期だからこそ体に気を使いたいですよね!
健康にもバッチリな七草粥。気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • ご存知ですか?お雑煮の由来と種類 お雑煮の由来 お雑煮とは、年中行事で年神様(歳神様)に供えた餅などを煮て食べたことから由来しており、年神様の恩恵を頂くという意味をもっています。 お雑煮を食べることにより、昨年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈るのです。 「年神様」とは、毎年正月に各家にやってくる来訪神のことで、元旦になると山など高い場所から家に幸せを与えるために降りてくると言われています。 […]
  • 正月行事の祝い納め。「二十日正月」 二十日正月とは 二十日正月(はつかしょうがつ)とは1月20日を指し、正月の祝い納めの日です。 1月20日は、お正月にお迎えした年神様がお帰りになる日と考えられていました。 地域によって異なりますが、この日にはお正月の飾り物などを全て片付け終え、締めくくる日とされています。 別名「骨正月」 二十日正月を骨正月(ほねしょうがつ)と呼ぶ、西日本の地域もあります。 […]
  • 【新年のご挨拶】2020年、明けましておめでとうございます! 年始の営業日についてお知らせです。 年始の1月1日、1月2日は17時まで営業いたします。 年末年始の営業日時について、詳細はこちらの記事でご案内しております。 ●【博多久松】年末年始営業時間のご案内 寒い日が続きますが、皆様お元気でお過ごし下さい。 本年も皆様にとって素敵な1年になりますよう、お祈り申し上げます。 […]
  • 1000年前から続く、ひな祭の由来 ひな祭の起源 ひな祭りはいつ頃から始まったのか、はっきりとしません。 一説では、平安時代中期(約1000年前)三月の初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、陰陽師(おんみょうじ)を呼んで天地の神に祈り、季節の食物を供え(そなえ)、草や藁(わら)、紙で作った人形(ひとがた)で体をなで、穢れを人形に肩代わりしてもらい海や川に流して、無病息災を願う、お祓い行事 […]
  • 本日は夏 土用の丑!「う」のつく食べ物って? 土用の丑の日って? 土用とは本来、木・火・土・金・水の五行思想から用いられた習わしです。 五行は春夏秋冬それぞれを象徴していて、 春は木 夏は火 秋は金 […]
  • 今年のGWは10日間。祝日法とは? 4月30日と5月2日が祝日の理由 祝日には「祝日法」という法律が関係しています。 国民一般の公的な祝い日を「国民の祝日」と呼び、例えば成人の日や建国記念日などが 挙げられ、こういった日は休日扱いとなります。 この祝日法では、「前日と翌日を国民の休日に挟まれた平日は休日となる」という決ま りがあります。 ここでカレンダーを見てみると、 […]

博多久松おすすめ商品

  • 【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
【博多久松謹製】生姜昆布
【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
【博多久松謹製】生姜昆布