Skip to main content

雑学・豆知識

7月の新のお盆、8月の旧のお盆、どちらが馴染み深いですか?

2017.08.01

こんにちは、久松のヒサノです。
今日からなんと8月です!!
1ヶ月過ぎるのはあっと言う間ですね~
8月になるとそろそろお盆の時期だなーといつも思います。

お盆の準備はされていますか?
まだ早い早いと準備を後回しにしていると気づけば、直前で飾り物がなくなっている!と言うことも......。
保存のきくものは早めのご準備をお忘れなく!

SNSでシェアする

九州、他全国のほとんどで、お盆は8月にありますよね。
8月のお盆は月遅れのお盆または旧のお盆と言われています。
東京周辺では7月13日からお盆といわれていたそうで、こちらは新のお盆と言います。

2017年8月のお盆は、8月13日から16日まで。

  • 8月13日(日) 迎え火(盆の入り)
  • 8月14~15日(月・火) 中日
  • 8月16日(水) 送り火(盆明け)

になります。
8月11日金曜日に山の日があるので、最大6連休の長期休暇になりますね。

ちなみに、新のお盆・旧のお盆と意味が異なる新盆旧盆と言うのがあります。
新盆は、亡くなって初めて迎えるお盆のこと。西日本辺りでは初盆(はつぼん・ういぼん)のことです。
新盆には「しんぼん・あらぼん・にいぼん」と複数読み方があるようで、九州では初盆としか聞かないので新しい発見でした。
ほかにも茨城では入盆(にゅうぼん)と呼ぶ地域もあるそうですよ。
旧盆は通常のお盆のことですね。

皆さまは、お盆時期の連休には里帰りされますか?
私は毎年祖母の家のお墓に、提灯とお線香をもってご先祖様をお迎えに行きます。
ふと小さい頃からお盆の送り迎えだけは、必ずどちらか出向いていました。
送迎の際に特別に提灯を持たせてもらえるからと言う理由からかもしれません。

夏といえど夜は暗くなるので送り迎え時は足元に気をつけてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 台風の時期が到来!台風に名前があるのを知っていますか? 台風といえば、日本では発生順に台風○号と番号で呼びますよね。 その台風にも人のように名前があるのをご存知でしたか? 今年(2017年)来た台風3号の名前はナンマドルといいます。 数年前、今年の台風の名前はなんだろうと好奇心から調べた時はコンレイという名前がつけられていて、英語圏の名前ではなくアジア圏の語感に近いので「英語名じゃない珍しい」と不思議に思っていました。 調 […]
  • 夏の太陽1年で一番昼の時間が長い日をご存知ですか? 答えは『夏至(げし)』です。 夏至は1年の内、もっとも昼の時間が長い日といわれ、2017年の夏至は日本の暦で6月21日。 毎年21日か22日が夏至日(げしび)といわれますが、20日~23日の間で前後する事もあります。 また北極圏では真夜中でも薄明るい白夜(はくや/びゃくや)、反対側の南極圏では太陽が沈み、日中でも薄暗い極夜(きょくや)という状態になります。 夏至とは反 […]
  • 本日は夏 土用の丑!「う」のつく食べ物って? 土用の丑の日って? 土用とは本来、木・火・土・金・水の五行思想から用いられた習わしです。 五行は春夏秋冬それぞれを象徴していて、 春は木 夏は火 秋は金 […]
  • キュウリキュウリはいいやつ?悪いやつ?ビタミンを壊すキュウリ! さて、夏野菜の定番といえばなにを浮かべますか? キュウリ、トマト、とうもろこし、なすやズッキーニ、冬瓜、オクラやゴーヤなど。 夏はキュウリやズッキーニ、冬瓜などウリ科の野菜が多いですね。ウリ科といえばスイカもそうです。 特にキュウリは90%以上が水分で出来ているため、みずみずしく暑い夏場にうってつけ! しかしこのキュウリ、実はとんでもないやつだった事を農業高校に通って […]
  • 青梅を漬けるなら凍らせよ!梅シロップを作ってみた。 梅を漬ける際は、生梅と冷凍梅があるのですが、今回は生梅と冷凍梅両方ためしてみました。 まずは梅の下ごしらえ。梅のアク抜きや水洗いをして、ヘタ取りをするのですが、冷凍梅だとアク抜きがいらないそうです。 今回、自宅で作った際は、生梅用にしていたので、アク抜きしてから作っています。 ビンの消毒まで準備が整ったら、あとは氷砂糖と梅を交互に入れて、最後に殺菌目的のお酢またはホワイ […]
  • 祝い箸ご利益、損してませんか?祝い箸の正しい使い方 祝い箸とは 祝い箸:いわいはし/いわいばし 祝い箸の長さは八寸(約24センチ)で、両端が細くなるように削った丸箸を言い、柳の木で作られています。 祝い箸は縁起が良いといわれる由来は「末広がりの八寸」と言う部分にあります。 末広がりとは、本来は扇(おうぎ)の異称で「八」と言う字が扇の形に似て、下に向け次第に広がっていく事から「末広がり」と呼ばれるようになったと言われてい […]

博多久松おすすめ商品

  • おせちカタログ2018
  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」

SNSでシェアする

おせちカタログ2018
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
おせちカタログ2018
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」