Skip to main content

雑学・豆知識

梅雨はどうして梅の雨?

2019.06.06

こんにちは、久松のヒサノです。
梅雨シーズンに入り、地域によっては雨の日が増えているのではないのでしょうか。
このシーズン、どうして「梅雨」と書くのかをご存知ですか?
そんな「梅雨」を定義と一緒に詳しくご紹介いたします。

名前の由来

梅雨にはどうして「梅」という言葉が使われているのでしょうか。
これにはいくつかの説があるようです。
その中のひとつに「梅の実が熟す頃に降る雨」という意味で、「梅雨(ばいう)」と呼んでいたという説があります。

また、日本で梅雨のことを「つゆ」と呼ぶようになった由来もいくつかあり、雨が降るので「露(つゆ)」から連想したという説や、梅の実が熟して「潰ゆ(つゆ)」時期だからという説もあります。
どの説もありそうですよね。

入梅

太陽の黄径80度を通過する日を入梅といい、「雑節」という特別な暦日に定められています。
※黄径:太陽が天球上を通る経路(黄道)を等角に分割した座標

雑節とは、二十四節気(立春等)・五節句(七夕等)などの暦日のほかに、季節の移り変わりをより的確に掴むために設けられた日のことです。
入梅のほかには「節分」もこれに当てはまります。
農家の方にとって梅雨の時期を知る必要がありますので、現在と違い天気予報の無い時代にはこういった雑節がとても重要とされていたようです。

ところで梅雨時期になると更に美味しくなる「入梅鰯」はご存知ですか?
その名のとおり梅雨時の鰯のことを言い、産卵前で最も脂が乗っている時期でとても美味しいそうです。

梅雨入り、梅雨明け

入梅という言葉は一見『梅雨に入る』といった意味を持っていますが、正確な梅雨入りを意味するわけではありません!

「梅雨入り」というのは実際に梅雨に入る時期を指し、気象庁では梅雨時期の数日間の天候を見て判断をしています。
「梅雨明け」に関しても同じように、晴れが続いた数日を目安に判定されます。

すなわち気象庁が梅雨時期に発表をしている梅雨入り・梅雨明けは仮の日付とされ、正式に日が確定するのは、その後の秋だそう。
雨が数日降らなくなったと思えばまた降り続ける日もあり、即座に判断するのは難しいそうです。

今年の梅雨

梅雨は毎年6月のイメージですよね。
年々気温が高くなっていますが、今年の梅雨はいつ頃なのでしょうか。

気象庁の速報値を見てみると、日本南部の方はすでに梅雨に入っており、九州南部は昨年より1週間ほど早い5/31からだそうです。

気象庁によると『梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。』とのことです。
令和元年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)より

速報では分かりませんでしたが、天気予報のこまめなチェックが必要ですね。

また、気温と湿度が上がりますので、食中毒にご注意ください。
食中毒の原因となる細菌やウイルスなどにとっては活動しやすい環境になりますので、食中毒対策も忘れずに気をつけて過ごしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 油断大敵!今すぐできる食中毒予防 まずは敵を知ろう!原因と対策はこれ! 食中毒の原因として細菌やウイルスが挙げられますが、 夏に多く見られるのが細菌、冬に多く見られるのがウイルスによるものです。 これからどんどん夏の季節になりますので、 特に細菌に注意していきたいですよね。 それぞれの対策と併せて、菌の種類を見てみましょう。 サルモネラ属菌 動物の腸管や川などの自然界に広く分布し […]
  • 海苔に感謝!2月6日は海苔の日 海苔の日とは? 海苔の日には「大宝律令」という大宝元年の法律が関係しています。 大宝元年(西暦701年)に制定された「大宝律令」によると、当時は29種類の海産物が租税として納められており、その中の海草のひとつとして海苔も表記されています。 租税として選ばれていた海苔は、当時はとても貴重で高価な食べ物だったのです。 その史実をもとに、全国的な海苔の消費推進の日として […]
  • いちご酢の作り方♪体に嬉しい効果もばつぐん! 「いちご酢」の作り方 材料 いちご:150g 氷砂糖:150g 酢:300m […]
  • 食中毒を予防する3つの大事なこと!食中毒を予防する3つの大事なこと! 食中毒とは 食中毒には様々な分類があり、特に多いのが感染型食中毒。 感染型食中毒は病原体の感染によって引き起こされるタイプでノロウイルス、カンピロバクター、サルモネラ菌による発症が最も多く、これらが全患者数の8割を占めたという報告があります。 食中毒の予防方法 食中毒を予防する3つの大事なこと! つけない 増やさない […]
  • 生後100日目のお祝い。お食い初めの基礎知識! お食い初めとは? 新生児に乳歯が生え始める生後100日頃の時期に、「一生涯食べることに困らないように」と赤ちゃんの健やかな成長を願ってお祝いする大切な儀式です。 地域によっては百日祝い(ももかいわい)とも言います。 お食い初めの献立 儀式では、赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をします。 その献立は一般的に一汁三菜です。 一汁三菜とは、一汁は汁物を1品、三菜は料理を […]
  • 七五三のお祝い♪千歳飴の意味をご存知ですか? 七五三では何をするの? 七五三とは子供の成長と健康を祝い、縁起の良い数字とされる3歳・5歳・7歳に神社にお参りをする行事です。 11月15日に盛大にお祝いするようになったのは、江戸時代に将軍の徳川綱吉が息子の健康を盛大に祈願したことから広まったという説もあります。 当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3~4年経ってから戸籍に登録をしていた程だそうです。 そのため、 […]

博多久松おすすめ商品

  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布