Skip to main content

雑学・豆知識

新元号と、ゆかりの太宰府

2019.04.12

こんにちは、久松のヒサノです。
4月1日に新元号「令和」が発表され、1週間以上経ちました。
初めて聞いたときには慣れない言葉だと感じましたが、次第に馴染んできている気がします。
「令和」は万葉集より用いられ作られた言葉とのことですが、実は福岡にゆかりがあるのはご存知ですか?
今回は新元号の意味と、福岡にゆかりのある理由などお話します。

新年号の意味

「令和」は万葉集の「梅花の歌」三十二首の序文が出典とのこと。
福岡県の太宰府にて、役人であった大伴旅人の邸宅で催された「梅花の宴」の様子が描かれたものです。

帥の老の宅に萃まりて宴会を申く。時に初春の令月にして気淑く風和ぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫ず。

この中の「令月(素晴らしい月)」と「風和らぎ(やわらぎ)」という2つの熟語から組み合わされました。

また、令和には「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」「梅の花のように日本人が明日への希望を咲かせる」とういう意味が込められているそうです。

ゆかりの地、太宰府

聖地ということで、福岡県の太宰府(大宰府)に足を運ぶ人が急増しているそう。
新しい元号が地元福岡にゆかりがあるということで、より身近に感じられる気がします。

太宰府にある「太宰府天満宮」といえば、天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社です。現在では学問の神様として親しまれています。
太宰府天満宮は福岡の中でも梅の名所として知られており、道真公を慕う庭木の梅が左遷された道真公を追い一夜で太宰府に降り立ったという「飛梅伝説」もあるほど。
その「飛梅」をご神木として今も大切にしており、植えられています。

また、その飛梅を由来とした「梅ヶ枝餅」も名物として販売されています。
梅ヶ枝餅とは、小豆餡を薄い餅の生地でくるみ、梅の刻印が入った鉄板で焼いて作られた焼餅のことです。
今の季節、観光がてら食べてみるのもよさそう。
梅の咲き頃は過ぎてしまいましたが、機会があれば太宰府に令和を感じに訪れてみるのもいいですね。

新元号の名前について、皆さんはどう思われますか?
二文字の漢字に「明日への希望を咲かせる」など、未来の日本への思いが込められており、とても綺麗だなと感じました。
平成はもう少しで終わってしまいますが、令和に向けて気持ち新たに頑張りましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 牛乳が効果的?にんにく臭の消し方! においの正体は? にんにく独特のにおいの元は、にんにくが持つ成分の変化によって生まれます。 にんにくを刻んだり叩いたりすることで細胞が分解され、にんにくに含まれているアリインという成分に酵素の作用が働き、「アリシン」に変化します。 そのアリシンが体内で更に分解されてにんにく臭である「アリルメルカプタン」という成分が生まれ、悩める口臭に発展してしまうのです。 においは対 […]
  • 葉っぱは食べる?春を彩る桜餅 桜餅の葉っぱは食べる?食べない? 桜餅といえば桜の葉でぴんく色の餅菓子を包んだ物ですが、皆さんは桜の葉をそのまま一緒に食べますか? 好みにもよりますが、塩漬けされた桜の葉を巻くことで桜餅に塩気や優しい桜の風味が移って、より美味しく頂くことができます。 また、桜の葉を巻く理由には香りを添えるだけでなく、葉で包むことによって桜餅の乾燥を防ぐためでもあるそうです。 桜餅 […]
  • 生後100日目のお祝い。お食い初めの基礎知識! お食い初めとは? 新生児に乳歯が生え始める生後100日頃の時期に、「一生涯食べることに困らないように」と赤ちゃんの健やかな成長を願ってお祝いする大切な儀式です。 地域によっては百日祝い(ももかいわい)とも言います。 お食い初めの献立 儀式では、赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をします。 その献立は一般的に一汁三菜です。 一汁三菜とは、一汁は汁物を1品、三菜は料理を […]
  • 栄養を取り戻せ!熱中症に効果的な食べ物は? 熱中症の症状 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。 症状 ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い ○頭痛、吐き気 […]
  • いちご酢の作り方♪体に嬉しい効果もばつぐん! 「いちご酢」の作り方 材料 いちご:150g 氷砂糖:150g 酢:300m […]
  • 七五三のお祝い♪千歳飴の意味をご存知ですか? 七五三では何をするの? 七五三とは子供の成長と健康を祝い、縁起の良い数字とされる3歳・5歳・7歳に神社にお参りをする行事です。 11月15日に盛大にお祝いするようになったのは、江戸時代に将軍の徳川綱吉が息子の健康を盛大に祈願したことから広まったという説もあります。 当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3~4年経ってから戸籍に登録をしていた程だそうです。 そのため、 […]

博多久松おすすめ商品

  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布