Skip to main content

雑学・豆知識

葉っぱは食べる?春を彩る桜餅

2019.03.20

こんにちは、久松のヒサノです。
まだまだ寒いですがそろそろ桜のシーズンですね。
予報によると、福岡では3月末頃には桜が満開になるそうです。

桜餅も、桜の時期に販売されていますよね。
また、3月は桃の節句もありますのでその日に合わせてよく目にする機会が多いように思います。

今が旬な桜餅ですが、どうして桜の葉っぱが食べられるようになったかご存知ですか?
今回は、桜餅についてご紹介します。

桜餅の葉っぱは食べる?食べない?

桜餅といえば桜の葉でぴんく色の餅菓子を包んだ物ですが、皆さんは桜の葉をそのまま一緒に食べますか?
好みにもよりますが、塩漬けされた桜の葉を巻くことで桜餅に塩気や優しい桜の風味が移って、より美味しく頂くことができます。
また、桜の葉を巻く理由には香りを添えるだけでなく、葉で包むことによって桜餅の乾燥を防ぐためでもあるそうです。

桜餅に使用されている桜の葉は、やわらかく毛が少ないオオシマザクラの葉が素材となっています。
桜餅の独特の香りは、この塩漬けされた桜の葉に含まれる「クマリン」という成分によります。
クマリンとは、桜の葉に代表される芳香成分の一種です。

いい香りをもたらしてくれるクマリンですが、多量摂取は肝臓・腎臓に対しての毒性が懸念されているため、一度に過剰摂取するのは避けるようにしましょう。

葉っぱを巻いた理由

発案したのは江戸時代、山本新六という向島にある長命寺の門番です。
桜の葉の掃除に苦労していたため、なんとか葉を利用できないかと考え、そこで桜の葉を塩漬けにしてお餅を包んだそうです。
それが江戸で流行し、江戸(関東)ではお寺にちなんで「長命寺」または「長命寺餅」と呼ばれています。

関東と関西でちがう?

ちなみにですが、関東では「長命寺」と呼ばれるのに対し、関西では「道明寺」と呼ばれています。
そして呼び方だけでなく、作り方も異なります。

「長命寺」は小麦粉を使用した生地を焼いた皮で餡を巻いたもの。

「道明寺」は道明寺粉を使用しています。道明寺粉とは、水に浸し蒸したもち米を干して粗めにひいたものです。
これを蒸して色付けし、餡を包みます。
そのため、関西の桜餅はつぶつぶとした見た目であり、お米が残ったような食感になっています。

いかがでしたか?
見た目も華やかで、食べても春を楽しめる桜餅。
使用される葉っぱも決まっていて、ルーツを辿ると様々な文化も浮かび上がりました。
私は葉っぱも一緒に食べる派ですが、これからも香りや味を楽しんで食べようと思います。
皆さんもお好みの食べ方で春を楽しまれてください♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • お母さんいつもありがとう!【母の日おせちプレミアム】 母の日おせちプレミアムとは? 家族とゆっくり過ごす時間をプレゼント 『母の日おせちプレミアム』は、家族一緒に過ごす時間を贈る「母の日特製のおせち」です。 おせち料理の久松が腕によりをかけお作りいたします。 盛り付け済みのお届けで後は解凍するだけなので、準備がとても簡単!! 日頃の感謝の気持ち伝える「母の日おせち」はいかがでしょうか? おすすめ料理はこちら! […]
  • 牛乳が効果的?にんにく臭の消し方! においの正体は? にんにく独特のにおいの元は、にんにくが持つ成分の変化によって生まれます。 にんにくを刻んだり叩いたりすることで細胞が分解され、にんにくに含まれているアリインという成分に酵素の作用が働き、「アリシン」に変化します。 そのアリシンが体内で更に分解されてにんにく臭である「アリルメルカプタン」という成分が生まれ、悩める口臭に発展してしまうのです。 においは対 […]
  • 1000年前から続く、ひな祭の由来 ひな祭の起源 ひな祭りはいつ頃から始まったのか、はっきりとしません。 一説では、平安時代中期(約1000年前)三月の初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、陰陽師(おんみょうじ)を呼んで天地の神に祈り、季節の食物を供え(そなえ)、草や藁(わら)、紙で作った人形(ひとがた)で体をなで、穢れを人形に肩代わりしてもらい海や川に流して、無病息災を願う、お祓い行事 […]
  • 海苔に感謝!2月6日は海苔の日 海苔の日とは? 海苔の日には「大宝律令」という大宝元年の法律が関係しています。 大宝元年(西暦701年)に制定された「大宝律令」によると、当時は29種類の海産物が租税として納められており、その中の海草のひとつとして海苔も表記されています。 租税として選ばれていた海苔は、当時はとても貴重で高価な食べ物だったのです。 その史実をもとに、全国的な海苔の消費推進の日として […]
  • 今年のGWは10日間。祝日法とは? 4月30日と5月2日が祝日の理由 祝日には「祝日法」という法律が関係しています。 国民一般の公的な祝い日を「国民の祝日」と呼び、例えば成人の日や建国記念日などが 挙げられ、こういった日は休日扱いとなります。 この祝日法では、「前日と翌日を国民の休日に挟まれた平日は休日となる」という決ま りがあります。 ここでカレンダーを見てみると、 […]
  • 【おせち料理のいわれ】3皿目「黒豆」 黒豆は、その名の通り黒いですよね。 大豆の仲間なのになぜ黒いのか?というと、黒豆は皮にアントシアニンという色素を含むためです。 黒豆は最初から完全に黒いわけではないため錆びた釘と一緒に煮込むのですが、 釘に含まれている鉄の成分が黒豆のアントシアニンと反応することで、黒豆がより黒くなるそうです。 そんな黒豆には、3つのこんな願いが込められています。 「健康」 黒 […]

博多久松おすすめ商品

  • 2020年 新春おせち特集
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
2020年 新春おせち特集
【博多久松謹製】生姜昆布
2020年 新春おせち特集
【博多久松謹製】生姜昆布