Skip to main content

雑学・豆知識

年越しそばで縁起を担ぐ!トッピングは何にする?

2018.12.27

こんにちは、久松のヒサノです。
ついに年末!年末にやることはいろいろあると思いますが、
大晦日の風物詩といえば年越しそばですよね。
今回は、年越しそばの由来や食べ方を予習してみましょう。

年越しそばを12月31日に縁起を担いで食べる風習は、江戸時代から定着したとされます。
それでは、一体どんな縁起を担いで食べるのかご存知ですか?
次で詳しくご説明します。

大晦日にそばを食べる理由は?

実はこれにはいくつか説があります。

①長寿を祈る
そばは長く伸ばして細く切って作る食べ物です。
そのため、「細く長く」という言葉に関連して「健康長寿」「家運長命」などの縁起をかついで食べるようになった起源である、という説です。
この説が一般的とされています。

②縁を断ち切る
そばは他の麺と比べ、柔らかく切れやすいため、今年の悪縁を切るという意味が込められていたそうです。

③金を集める縁起物
・金細工師が散らかった金粉を集める際、使っていたのがそば粉。
そこから、「金を集める縁起物」という意味合いが生まれたと言われています。

食べるタイミング

年越しそばは大晦日に食べる縁起物であるため、年を跨いで食べるのは縁起が悪いとされています。
ですので、年越そばは年を跨がないよう31日の間に食べ切ってしまうのがベストです。

縁起を担ぐトッピング

①海老
海老は腰が曲がっていることから長寿のシンボルとされ、縁起のよい食材として知られています。
同じ理由でおせちにも入っている定番ですよね。

②ニシン
「ニ親(ニシン」から多くの子どもが生まれるようにとの縁起担ぎとして知られています。
京都の年越し蕎麦では「ニシン」が定番だそうです。

③卵(卵焼き・月見)、伊達巻き
卵の黄身は金色を連想するため、商売繁盛の意味を持ち、縁起が良い食べ物として知られています。
更に伊達巻きは、くるくると巻かれているため反物を連想し、「着るものに困らない」「繁 栄」の願いがこめられています。

④鶏肉
一年の一番初めに鳴く動物が鶏であるため、縁起がよい食材とされています。

⑤油揚げ
油揚げは商売繁盛の神様として親しまれる稲荷神社の守り神、キツネの大好物です。
そのことから、新年の「金運」や「仕事運」を上げる縁起の良い食べ物として知られています。

⑥ネギ
薬味のネギは、「一年の労苦を労う(ねぎらう)」というゴロ合わせがあるため、縁起の良い 食べ物とされます。

いかがだったしょうか。
どんな年越しそばを食べようか考えるのも楽しいですよね。
縁起を担ぎつつ、美味しく年末を締めくくりましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 新元号と、ゆかりの太宰府 新年号の意味 「令和」は万葉集の「梅花の歌」三十二首の序文が出典とのこと。 福岡県の太宰府にて、役人であった大伴旅人の邸宅で催された「梅花の宴」の様子が描かれたものです。 帥の老の宅に萃まりて宴会を申く。時に初春の令月にして気淑く風和ぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫ず。 この中の「令月(素晴らしい月)」と「風和らぎ(やわらぎ)」という2つの熟語から組み合わされまし […]
  • 2019年新春おせちをご紹介♪ご予約受付中! おせち選びの基本はやはり「内容・量・価格」ですよね。 各おせちのスペックを簡単にまとめてみましたので、ぜひご参照ください! 和風おせち 本格和風豪華おせち「千代」 ※画像をクリックすると商品ページに移動します。 【人数】4~5人前 【価格】23,800円(税込) 【段数】3段重 【品数】46品 【重箱サイズ】特大8寸 […]
  • 【博多久松】おせちQ&A お届け日に「12月30日」をおすすめしている理由は? 久松が12月30日をおすすめしている理由は 年末配送で大変込み合い、配達が遅れる可能性があるため、おせちを余裕を持ってお受け取りいただくためです。 久松のおせちは冷凍でのお届けですので、配達が遅れてしまった場合、解凍時間も必要なためお召し上がりのタイミングに間に合わなくなる可能性も出てきます。 また、予定通 […]
  • おせちの撮影って何してるの?【博多久松】 博多久松のおせち撮影 博多久松では、自社の工場でおせちを製造しています。 撮影するスタジオは少し離れた場所にあるため、 工場からおせちを持ち込んでの撮影です。 撮影を行うスタジオでは主に、 盛り付け担当のフードスタイリストさん、撮影担当のカメラマンさんと連携して撮影を行っていきます。 写真1つを残すのにも多くの人が動いているおせち撮影、とても気合が入っておりま […]
  • 6月29日は佃煮の日!歴史との深い関わり 佃煮の由来 ◇佃煮の名称 「佃煮」という名前の由来は、地名に由来しています。 その地名というのが「佃島(現在の東京都)」です。 その地に住む漁民らは、保存の利くように小魚を煮込んだ小魚煮を作っており、 その小魚煮を地名にちなんで「佃煮」として売り出したのが始まりと言われています。 ◇佃煮とつながりのある歴史 織田信長が明智光秀によって討たれた「本能寺の変」が […]
  • 年賀状の季節到来。意外と知らない歴史とは? 年賀状の由来 年賀状の起源は平安時代からとされています。 というのも、平安時代に藤原明衡という貴族が作成した「庭訓往来」に年始の挨拶の文例があるためです。 この頃から、親族やお世話になった人たちへ年始に挨拶をして回る「年始回り」の習慣も一般的に広まったとされています。 この挨拶に手紙を使用するのは、当時は一部の貴族だけで、遠方でなかなか会えない人に送っていたそうで […]

博多久松おすすめ商品

  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布