Skip to main content

雑学・豆知識

美味しいごはんは洗米と水で決まる!お米を美味しく炊くコツ

2017.05.30
米

こんにちは、久松のヒサノです。
暑いな~寒いな~雨で湿気が~と、気候に翻弄されている日々ですが、先日「もうホタルが飛んでるよ」と聞いて、以前は6月中旬ごろにホタル見物していたので「今年は少し早いね」とその時は返したのですが、最近の気候を考えると以前の6月中旬はこのくらいの気候だったなと思い出しました。
もう6月になってしまいますが、今年は暑くなるのが例年より早く、そう思ったら寒くなって衣替えの時期も難しかったのではないでしょうか?
農家の方も雨が多くなる前に田植えが忙しい時期でしょうか。
今年の豊作を願って、秋には美味しいお米が食べたいですね!
本日は『お米を美味しく炊くコツ』の話題などいかがでしょうか?

お米を美味しく炊くコツ!

最初が肝心!お米の計り方

基本的にすりきり一杯!(容器のふちより上にある部分を取り去ること)
計量が雑だと、どんな簡単レシピも美味しくできないと言われています。
同じ分量を心がけて計るのが大事です!

お米を研ぐ際には、目の細かいザルが楽!

ボウルやお釜に直接入れて、研ぐ方法もありますが、ザルを使っていた方が水切りも水の入れ替えの時に零れ落ちていくこともないのでとても便利です。

最初の水はくぐらす程度で

お米は乾燥しているので水を吸収しやすく、最初の白濁した米ぬか水を吸わせるのはダメです!
そのまま使うと、米ぬかのにおいや味も吸われてしまい臭みの原因になったりします。
最初は全体をくぐらす程度に濡らすのがベスト!

洗米は優しく、回数を重ねる

押しつぶしたり、強くこすりつけたりするとお米の粒が磨り減ってつぶれてしまうので、軽く全体を混ぜ込むように洗米します。
水を替える際は、ザルを上げてボウルの水を捨てて、大体3~4回くらい洗米していきます。
目安は、10回程度かき混ぜて、水があまり濁らなくなってきたくらい。

洗米後は水切りをしっかりする

水切りをしておくと、お米が水を吸いやすくなります。
ザルをすこし傾けて置くと水切りが早いですよ!

炊飯器の釜にお米と水を入れる

水は、ミネラルウォーターや浄水器などの水が良いそうです。
水道水など塩素臭さがあると、お米にもその臭いがついてしまうので、出来るだけ臭みのない水がオススメです!

炊飯器の釜の目盛りまで充分に水を注いで、30分くらい置く

水を注いで、30分くらい置いておくと、お米は水をよく吸ってふっくら炊き上がります。
基本は炊飯釜の基準にあわせるのが一番ですが、炊飯器によってはご飯が固くなったり、柔らかすぎたりすることがあります。
水の量が目盛りにあってない場合もあるので、平らな場所で目線を変えて確認してみてください。
それでもご飯が固くなる時は、目盛りより1~2mm少し多めに入れると丁度よくなることがあります。
柔らかい時は、蒸らしすぎたり、余分な水滴がご飯について柔らかくなっていたりする事があるので、蒸らした後、すぐに蒸気を逃がし炊飯器の内蓋の水滴をふき取っておくといいそうなのでお試しください。

美味しいご飯は『シャリ切り』が大事!

炊き上がって蒸し終わってすぐ、シャリ切りというご飯をほぐす手順があります。
しゃもじは垂直に入れ、ご飯を十字に手早く切り、ご飯をつぶさないよう釜の底から軽く持ち上げ、まんべんなく空気を入れるようにほぐして余分な蒸気を飛ばします。
保温する際は、水分が奪われないよう内釜からご飯を離し、真ん中に出来るだけ寄せておくと美味しさが保てます!
お茶碗に装う(よそう)際にもご飯粒をつぶさないよう気をつけてくださいね。

お茶碗に装う回数が2回なのはなぜ?

ごはん

お茶碗に装う(よそう)際にもマナーがあります。
お茶碗には1回で装うのではなく2回に分けて装います。
私はこの作法を小さい頃に教えられ、なぜ1回で装ってはダメなのか聞いたことがあります。
私が聞いたのは『1回で盛るのは、一回(ひとかい)飯といって、仏壇に供えるご飯は1回で装うものだから生きている人に同じように装うのは縁起が悪い』と言うことでした。
一般的には『ご飯は三角山(中央が盛り上がる)のように整えた方が美味しそうに見えるので、最後(2回目)は中央にかぶせるように盛る方がいい』と言う見解が大半みたいですね。
自分で装う時に1回の量でいい時は、わざと量を分けたり、2回装う振りをしたりして回避していました。

あと、我が家では『ご飯をつぐ』と言うので、他でも通じるのかと調べてみたら『つぐ』は九州の方言のようですね。
一般的には『装う(よそう):ご飯や食事を良く見せるよう飾りたてる』という意味があるみたいです。
ほかにも「ご飯を盛る」とも。
文章を書く際は、方言などを使わないようにしているのですが、記事を書く度に使う文章や単語を実際に使うのか、読み方はあっているか、などを調べていくので標準語や語彙力のテストを受けている気分になりますが、新しいことを知るのは、凄く楽しく苦にならないのでふしぎですね。
ではまた次の記事でお会いしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 夏の太陽1年で一番昼の時間が長い日をご存知ですか? 答えは『夏至(げし)』です。 夏至は1年の内、もっとも昼の時間が長い日といわれ、2017年の夏至は日本の暦で6月21日。 毎年21日か22日が夏至日(げしび)といわれますが、20日~23日の間で前後する事もあります。 また北極圏では真夜中でも薄明るい白夜(はくや/びゃくや)、反対側の南極圏では太陽が沈み、日中でも薄暗い極夜(きょくや)という状態になります。 夏至とは反 […]
  • 台風の時期が到来!台風に名前があるのを知っていますか? 台風といえば、日本では発生順に台風○号と番号で呼びますよね。 その台風にも人のように名前があるのをご存知でしたか? 今年(2017年)来た台風3号の名前はナンマドルといいます。 数年前、今年の台風の名前はなんだろうと好奇心から調べた時はコンレイという名前がつけられていて、英語圏の名前ではなくアジア圏の語感に近いので「英語名じゃない珍しい」と不思議に思っていました。 調 […]
  • ヨーグルト最近話題のヨーグルト 話題になっていたのは「ドライフルーツをヨーグルトに入れて一晩くらい置いておくと、ドライフルーツが水分を吸ってプルプルになって美味しくなる!」とのこと。 試した人によると「無糖ヨーグルトを使うと、甘さが丁度よくなって砂糖いらず」と言われていました。私も今度挑戦してみようと思います! ほかにも、ヨーグルトの食べ方でその発想はなかった!と思ったのは、テレビを見ていた時に出てきた […]
  • 海苔に感謝!2月6日は海苔の日 海苔の日とは? 海苔の日には「大宝律令」という大宝元年の法律が関係しています。 大宝元年(西暦701年)に制定された「大宝律令」によると、当時は29種類の海産物が租税として納められており、その中の海草のひとつとして海苔も表記されています。 租税として選ばれていた海苔は、当時はとても貴重で高価な食べ物だったのです。 その史実をもとに、全国的な海苔の消費推進の日として […]
  • 生後100日目のお祝い。お食い初めの基礎知識! お食い初めとは? 新生児に乳歯が生え始める生後100日頃の時期に、「一生涯食べることに困らないように」と赤ちゃんの健やかな成長を願ってお祝いする大切な儀式です。 地域によっては百日祝い(ももかいわい)とも言います。 お食い初めの献立 儀式では、赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をします。 その献立は一般的に一汁三菜です。 一汁三菜とは、一汁は汁物を1品、三菜は料理を […]
  • 葉っぱは食べる?春を彩る桜餅 桜餅の葉っぱは食べる?食べない? 桜餅といえば桜の葉でぴんく色の餅菓子を包んだ物ですが、皆さんは桜の葉をそのまま一緒に食べますか? 好みにもよりますが、塩漬けされた桜の葉を巻くことで桜餅に塩気や優しい桜の風味が移って、より美味しく頂くことができます。 また、桜の葉を巻く理由には香りを添えるだけでなく、葉で包むことによって桜餅の乾燥を防ぐためでもあるそうです。 桜餅 […]

博多久松おすすめ商品

  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布