Skip to main content

雑学・豆知識

キュウリはいいやつ?悪いやつ?ビタミンを壊すキュウリ!

2017.07.18
キュウリ

こんにちは、久松のヒサノです。
本日の気温32℃!降水確率も60%らしく、蒸し暑い空気に体力が削られていきそうです。
こんなに暑い日が続くと冷たいものが食べたくなってきますね。
この時期に採れる夏野菜も、生で食べると冷たく体を冷やすものが多いので夏にはもってこいなのですが、冷え症の私には天敵!
ただ、今年は自家製梅酒のおかげか以前よりエアコンの冷えをあまり感じなくなったような気がします。
冬場も元気に過ごせたら効果絶大なのかも。その時は毎年、梅酒を漬けようと思います!

SNSでシェアする

さて、夏野菜の定番といえばなにを浮かべますか?
キュウリ、トマト、とうもろこし、なすやズッキーニ、冬瓜、オクラやゴーヤなど。
夏はキュウリやズッキーニ、冬瓜などウリ科の野菜が多いですね。ウリ科といえばスイカもそうです。
特にキュウリは90%以上が水分で出来ているため、みずみずしく暑い夏場にうってつけ!
しかしこのキュウリ、実はとんでもないやつだった事を農業高校に通っていた方から聞いたことがあります。
なんと、サラダでは相棒ともいえるトマトと、一緒に食べるとトマトの栄養素を壊してしまうらしいのです!
その方いわく「キュウリの栄養はほとんどないのにトマトから取れる大事な栄養素を壊すからあまり食べなくなりました!」とのこと。
夏になると思い出すのでどういうことだったのか詳しく調べてみました。

キュウリはトマトの栄養素を壊す?

キュウリとトマト

原因は、キュウリに含まれている酵素が問題。キュウリに含まれている酵素は「アスコルビン酸酸化酵素」といいます。
この酵素は『ビタミンCを破壊する酵素』といわれ、一緒に摂取するとビタミンCを壊し、摂取できるビタミンCの総量を減らすといわれています。
そのため、一緒に食べない方がいいといわれているのですね。

実際どういうこと?

アスコルビン酸酸化酵素がビタミンCを破壊するというのは、「還元型ビタミンC が 酸化型ビタミンCに変わる」変異のことを指すそうです。
変異した「酸化型ビタミンC」は体に影響があるものと考えられていなかったため、ビタミンCは変異前の「還元型ビタミンC」のことだけを指していました。
そのため、酵素からの破壊によりビタミンC量が減少したと判断されていたようです。
しかし近年の研究によって「変異した酸化型ビタミンCは体内で変異前の還元型ビタミンCに戻る」ことがわかり「酸化型ビタミンC」も還元型ビタミンCと同じビタミンCとしてみなされるように考えが改まったようです。

ちょっと話がややこしいですよね。
つまり、1度壊されて違う姿になったけど、胃の中で壊される前のビタミンCに戻ったからキュウリとトマトを一緒に食べても大きな問題はなかった!と言うことのようです。

酵素は熱と酸に弱い!

実はこの酵素が強いのは、で食べていたらと言うお話。
多くの家庭では、キュウリを生で食べる際、塩をかけてまな板に転がしながらもんだり、酢やレモンの入ったドレッシングで食べることが多いのではないでしょうか?
熱を通すことは、あまりしないと思いますが、熱を加えたり酸味が強いものと一緒に食べることでビタミンCの破壊を抑えることが出来ます。
ただ壊されても体内に入ってしまえば大きな問題はないといわれていますので、気にする必要はなさそうですね。

キュウリの栄養素

キュウリは栄養素がほとんどないといわれています。90%が水分ですしね。
でも実はキュウリの持つ栄養素には、むくみを解消したり、解熱作用があったり、がん予防や、血液を綺麗にする効果など女性に嬉しい効果が豊富。
ちなみに日焼けした肌にいいと言われているキュウリパック。実際は、かゆみや炎症を起こしたりすることがあるようなのでオススメされてないようです。

いかがですか?
実はキュウリ、いいやつでした。よかった、これで安心してキュウリを食べられます!
近年は研究も進み、昔言われていた事が実は間違い!と、くつがえってしまうこともあるので情報のアップデートは常にすべきだと痛感します。
しかし、どんなによくても体の冷やしすぎは健康の大敵!なにごとも適量が大事ですよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 青梅を漬けるなら凍らせよ!梅シロップを作ってみた。 梅を漬ける際は、生梅と冷凍梅があるのですが、今回は生梅と冷凍梅両方ためしてみました。 まずは梅の下ごしらえ。梅のアク抜きや水洗いをして、ヘタ取りをするのですが、冷凍梅だとアク抜きがいらないそうです。 今回、自宅で作った際は、生梅用にしていたので、アク抜きしてから作っています。 ビンの消毒まで準備が整ったら、あとは氷砂糖と梅を交互に入れて、最後に殺菌目的のお酢またはホワイ […]
  • 1000年前から続く、ひな祭の由来 ひな祭の起源 ひな祭りはいつ頃から始まったのか、はっきりとしません。 一説では、平安時代中期(約1000年前)三月の初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、陰陽師(おんみょうじ)を呼んで天地の神に祈り、季節の食物を供え(そなえ)、草や藁(わら)、紙で作った人形(ひとがた)で体をなで、穢れを人形に肩代わりしてもらい海や川に流して、無病息災を願う、お祓い行事 […]
  • 博多2,000年以上前からおせち料理はあった!?知ると納得おせち料理の意味 おせち料理の由来、起源は弥生時代 おせち料理の起源は2000年以上前の弥生時代、自然の恵みや収穫に感謝して神様に供物をおそなえしたものを節供(せっく)と言い、供えたものを料理して大漁や豊作を願い自然の恵みに感謝して食べた料理を節供料理と言うことから始まります。 中国から節句の行事が伝わると宮中では元旦や五節句の宮廷行事である節日(せちにち)の際に節会(せちえ)と言われる宴 […]
  • 食中毒を予防する3つの大事なこと!食中毒を予防する3つの大事なこと! 食中毒とは 食中毒には様々な分類があり、特に多いのが感染型食中毒。 感染型食中毒は病原体の感染によって引き起こされるタイプでノロウイルス、カンピロバクター、サルモネラ菌による発症が最も多く、これらが全患者数の8割を占めたという報告があります。 食中毒の予防方法 食中毒を予防する3つの大事なこと! つけない 増やさない […]
  • 本日は夏 土用の丑!「う」のつく食べ物って? 土用の丑の日って? 土用とは本来、木・火・土・金・水の五行思想から用いられた習わしです。 五行は春夏秋冬それぞれを象徴していて、 春は木 夏は火 秋は金 […]
  • そうめんそうめんで美味しく夏を乗り切ろう!ひと手間くわえためんつゆアレンジ そうめんとは 乾麺と生麺で違いがあるのですが、乾麺は小麦粉に食塩、水を混ぜてよく練り、綿実油などの食用油、もしくは小麦粉やでん粉を塗ってから、ヨリをかけながら引き延ばして乾燥、熟成させる製法で作られています。 その中でも、『手延べ干しめんの日本農林規格』を満たしたものが、手延素麺(てのべそうめん)に分類されます。 機械で作られているものは『機械素麺』に分類されています。 […]

博多久松おすすめ商品

  • おせちカタログ2018
  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」

SNSでシェアする

おせちカタログ2018
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
おせちカタログ2018
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」