Skip to main content

雑学・豆知識

年賀状の季節到来。意外と知らない歴史とは?

2018.12.13

こんにちは、久松のヒサノです。
そろそろ年賀状を準備する時期がやってきました。
年賀状が届くと、いつもと違うお正月の特別感があって嬉しいですよね。
今回は年賀状の起源や、ルールについてご紹介します。

年賀状の由来

年賀状の起源は平安時代からとされています。
というのも、平安時代に藤原明衡という貴族が作成した「庭訓往来」に年始の挨拶の文例があるためです。

この頃から、親族やお世話になった人たちへ年始に挨拶をして回る「年始回り」の習慣も一般的に広まったとされています。
この挨拶に手紙を使用するのは、当時は一部の貴族だけで、遠方でなかなか会えない人に送っていたそうです。

しかし、江戸時代になると「飛脚」が活躍し、庶民も手紙で挨拶をすることが増えていきます。
この頃になると「名刺受け」というものを玄関に設置し、不在時には新年の挨拶を書いた名刺を入れてもらうという文化もあったといいます。
これらのことから、新年の挨拶が大事にされていることがよく分かりますね。

その後、明治時代に郵便制度が確立し、郵便局が全国に配置されたり料金が全国統一されたりしていくと共に、郵便はがきの発行も始まりました。

当時の手紙は「書状」という形が一般的であったため、年始の挨拶を簡潔に行える郵便「はがき」は庶民にも急速に広まり、お正月にはがきで年賀状を出すことが定着していきます。

更に、多くの人が「1月1日」の消印を押してもらいたいので年末頃に年賀状を投函するため、年末に郵便物が殺到!
その対策として1899年に年賀状の特別取扱が運用され始めました。
年末の指定された日の間に郵便局に持ち込めば、「1月1日」の消印で元日以降に配達するという仕組みです。

そのようにして、現在のような制度が出来上がっていきました。

年賀状を出す期間

元日に届けるためには、12月15日から25日までの間に年賀状を郵便局に出すよう、郵便局よりアナウンスされています。
また、準備するのが遅くなっても「松の内(一般的に1月7日頃)」までに届けば大丈夫です。

早速今週からスタートしますので、慌てないでいいようにそろそろ準備が必要ですね。

年賀状には、「昨年お世話になったことへの感謝の気持ち」や「今年も親しくお付き合いください」といった気持ちが込められています。
年賀状を使うことで普段会わない人と連絡が取ることで、なかなか会えなくても繋がりを持つことができますよね。
改めて年賀状の大切さを感じながら、年末年始を過ごしてみるのもいいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • いちご酢の作り方♪体に嬉しい効果もばつぐん! 「いちご酢」の作り方 材料 いちご:150g 氷砂糖:150g 酢:300m […]
  • 今年のGWは10日間。祝日法とは? 4月30日と5月2日が祝日の理由 祝日には「祝日法」という法律が関係しています。 国民一般の公的な祝い日を「国民の祝日」と呼び、例えば成人の日や建国記念日などが 挙げられ、こういった日は休日扱いとなります。 この祝日法では、「前日と翌日を国民の休日に挟まれた平日は休日となる」という決ま りがあります。 ここでカレンダーを見てみると、 […]
  • 七五三のお祝い♪千歳飴の意味をご存知ですか? 七五三では何をするの? 七五三とは子供の成長と健康を祝い、縁起の良い数字とされる3歳・5歳・7歳に神社にお参りをする行事です。 11月15日に盛大にお祝いするようになったのは、江戸時代に将軍の徳川綱吉が息子の健康を盛大に祈願したことから広まったという説もあります。 当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3~4年経ってから戸籍に登録をしていた程だそうです。 そのため、 […]
  • 新元号と、ゆかりの太宰府 新年号の意味 「令和」は万葉集の「梅花の歌」三十二首の序文が出典とのこと。 福岡県の太宰府にて、役人であった大伴旅人の邸宅で催された「梅花の宴」の様子が描かれたものです。 帥の老の宅に萃まりて宴会を申く。時に初春の令月にして気淑く風和ぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫ず。 この中の「令月(素晴らしい月)」と「風和らぎ(やわらぎ)」という2つの熟語から組み合わされまし […]
  • 冬はりんごを食べよう。体内から元気に! 体にいいこといっぱい! りんごの特徴は「食物繊維が豊富」&「カリウムが豊富」なところです! それが体に与える良い影響について、詳しく説明します。 ①整腸作用 りんごの皮と果肉に含まれる食物繊維の一種である「ペクチン」は整腸作用があります。 ペクチンをエサにする乳酸菌が腸内で増殖し、腸の動きを活発にする働きが期待できるためです。 また、ペクチンは粘性をもつ食物繊 […]
  • 栄養を取り戻せ!熱中症に効果的な食べ物は? 熱中症の症状 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。 症状 ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い ○頭痛、吐き気 […]

博多久松おすすめ商品

  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布