Skip to main content

雑学・豆知識

栄養を取り戻せ!熱中症に効果的な食べ物は?

2018.07.30

こんにちは、久松のヒサノです。
梅雨明け以降は猛暑が続き、熱中症に関するニュースを毎日のように目にします。
熱中症にならないためには日陰で休んだり、水分や塩分等をこまめに補給することが大事です。

それだけではなく、熱中症による脱水症状を改善するためにはミネラル、体力を補うため必要なエネルギーを産生してくれるビタミン類が必要です。
実は、たくさん汗をかくことで一緒に塩分やカリウム、ビタミンなどの大事な栄養も体外へ流れやすくなっています。
熱中症にならないためにもしっかりご飯を食べましょう!

熱中症の症状

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

症状
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
<重症の場合>
返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

出典:熱中症予防リーフレット「熱中症予防のために」(厚生労働省)

食べ物でも熱中症対策!

汗をたくさんかくことで、体内から塩分(ナトリウム)と一緒にカリウムも失われます。
更には「水溶性ビタミン」という『水に溶けやすく身体に蓄積されないビタミン』も、暑い夏には汗や尿と一緒に流れてしまいやすいのです。
この夏は栄養を意識して取り入れてみましょう!

●カリウム(K)
主に、ナトリウムと共に細胞の浸透圧を調節する大事な役割を担っており、体内の余分な塩分(ナトリウム)を体外に出す働きを持っています。
滅多にカリウムが欠乏状態になることはありませんが、欠乏すると食欲不振・筋力低下・低血圧・不整脈・頻脈などを引き起こすことも。

●ビタミンB1
ビタミンB群は主に、体内に取り込んだたんぱく質・脂質・炭水化物をエネルギー源に変えるための「代謝」を助けてくれます。
B群の中でも特にB1がオススメで、主に糖質からのエネルギーの生成や、脳や神経の正常な働きに関与しています。
糖質をエネルギーに変える「代謝」をしてくれるので『疲労回復』に大いに期待できるビタミンです!

●ビタミンC
体内の酸化を抑えてくれる『抗酸化作用』を持ち、細胞の状態を正常に保ってくれます。
また、酵素の働きを助ける役割もあり、コラーゲンをつくる酵素のサポートもしてくれます。
コラーゲンは骨や血管の形成にも関わっています!
欠乏すると、全身倦怠や易疲労感、コラーゲンの不足により骨や血管が弱くなることも。

●クエン酸
梅干やレモンなど「すっぱい!」と感じる、酸味の主成分です。
細胞のミトコンドリア内でエネルギー源を燃やし、エネルギーにする「クエン酸回路」の働きをクエン酸が活発にしてくれます。
クエン酸回路を活性化させることで疲労の原因となる乳酸の蓄積も防いでくれます。
このようにクエン酸は『疲労回復』に効果的なのです。
また、脱水症状を改善するミネラルの吸収をサポートする働きも担っているためおすすめです。

疲れを溜めないように、あっさりとした素麺等だけでなく、しっかりした食事も心がけてみてください。
猛暑は今後も続くと発表されており、まだまだ気が抜けないですね。
みなさまも熱中症にはお気をつけください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • そうめんそうめんで美味しく夏を乗り切ろう!ひと手間くわえためんつゆアレンジ そうめんとは 乾麺と生麺で違いがあるのですが、乾麺は小麦粉に食塩、水を混ぜてよく練り、綿実油などの食用油、もしくは小麦粉やでん粉を塗ってから、ヨリをかけながら引き延ばして乾燥、熟成させる製法で作られています。 その中でも、『手延べ干しめんの日本農林規格』を満たしたものが、手延素麺(てのべそうめん)に分類されます。 機械で作られているものは『機械素麺』に分類されています。 […]
  • 油断大敵!今すぐできる食中毒予防 まずは敵を知ろう!原因と対策はこれ! 食中毒の原因として細菌やウイルスが挙げられますが、 夏に多く見られるのが細菌、冬に多く見られるのがウイルスによるものです。 これからどんどん夏の季節になりますので、 特に細菌に注意していきたいですよね。 それぞれの対策と併せて、菌の種類を見てみましょう。 サルモネラ属菌 動物の腸管や川などの自然界に広く分布し […]
  • 博多2,000年以上前からおせち料理はあった!?知ると納得おせち料理の意味 おせち料理の由来、起源は弥生時代 おせち料理の起源は2000年以上前の弥生時代、自然の恵みや収穫に感謝して神様に供物をおそなえしたものを節供(せっく)と言い、供えたものを料理して大漁や豊作を願い自然の恵みに感謝して食べた料理を節供料理と言うことから始まります。 中国から節句の行事が伝わると宮中では元旦や五節句の宮廷行事である節日(せちにち)の際に節会(せちえ)と言われる宴 […]
  • 新年を飾る簡単でかわいい箸置きの折り方 来年はおせち飾りにちょっとひと手間!華やかな和柄で手作りのお箸置きなんていかがですか? 箸袋でも出来てしまう鶴の折り方がとても簡単で可愛いのでご紹介したいと思います。 いかがでしたか? ご参考になりましたら幸いです。 祝い箸の袋など厚みのある紙だと折りにくいので、おりがみや薄手の紙がオススメです。 特別な一日を華やかに彩ってみてはいかがでしょうか。 […]
  • 梅雨の体調管理は食から! 梅雨バテの正体 梅雨時期には湿気が多くなり、私たちの体内にもその湿気が入ってきます。 その影響で体調不良を起こしやすくなるのですが、 人体への悪影響を及ぼす湿気を東洋医学では「湿邪」と呼んでいます。 さらに、「外湿」と「内湿」の2つのタイプがあり、 タイプごとに目立つ症状も異なります。 ▼外湿とは…雨などで湿気の多い時期、体内の水が外に出て行きにく […]
  • 2018年の半夏生はもうすぐ!たこ・鯖・うどんが大活躍! 半夏生の由来とは? 半夏生は夏至(1年で一番日が長い日)から数えて11日目。今年、2018年は7月2日にあたります! また、「半夏生」は暦日の一つで、本格的な夏が来る前に田植えなどで疲れた身体を休める時期とされてきました。 農家の方はこの日までに田植えを済ませ、 半夏生以降は田植えをしないという習慣がありました。 そしてなぜ「半夏生」という名前なのかと言うと […]

博多久松おすすめ商品

  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布