Skip to main content

雑学・豆知識

食べ過ぎ注意!『ぎんなん』には毒がある!?

2017.10.06
ぎんなん

こんにちは、久松のヒサノです。
秋といえば食欲の秋と言うくらい、実りが多い時期。
さつまいもや栗、お米も収穫時期なので新米が食べられますね。
これから紅葉になるとイチョウもきれいに色づいてくる頃ですが、ぎんなんの実に気をつけないといけない時期でもありますね。

SNSでシェアする

道に落ちているオレンジ色の実を見たことはありますか?
あれはイチョウの実でぎんなん(銀杏)といいます。
イチョウも同じく銀杏と書くのでややこしいですよね。

ぎんなんは、いいにおいと言えないほどにおいが強烈でかぶれてしまうので果肉は食べられないのですが、ぎんなんの種は美味しいんですよ。
種は苦味やくさみがあって苦手な人も多いと聞きます。しいて言うなら「大人の味」といったところでしょうか。
その中でも落ちてすぐのぎんなんは苦味やにおいが少ないものもあって食べやすいそうです。苦味がいいという方もいらっしゃるのでお好みですね。
炒りたては、きれいなエメラルドグリーン色の実がホクホクして美味しいので食べる手が止まらないなんてこともあるのですが、この美味しいぎんなんは食べ過ぎに注意だそうです!

今回はそんな『ぎんなん』についてです。

ぎんなんってなに?

ぎんなんはイチョウの実になります。
一般的に食べられているものはイチョウの種子。

イチョウは秋の樹木でも有名なので、知らない方は少ないと思いますが、こんなにも身近なイチョウ、実はレッドリストに指定されています。
レッドリストは、絶滅のおそれのある野生生物をまとめ、一覧にしているものになります。

イチョウ科の植物は恐竜がいたとされる中生代から約6,500万年前の新生代にかけ繁栄し、世界各地でイチョウの化石が見つかるほどでした。
しかし、イチョウ科の植物は氷河期にほぼ絶滅。
現在のイチョウは、生きている化石として唯一現存する種だそうです。

身近な植物が実は『世界古来の樹木』で生きている化石と呼ばれていたなんてロマンがありますね。

ぎんなんには毒がある?

ぎんなんは食べられる種ではありますが、実は中毒性があるので、食べる際に注意が必要です。
日本中毒情報センターによると

経口中毒量
成人 40~300個
小児 7~150個

この数を摂取すると危険とされています。
参考『日本中毒情報センター』 中毒情報データーベースより:ギンナン

特に、お子様は危険です!
解毒機能が発達していないこともあるので、食べさせないことが安全。
大人でも危険なことがあるそうで「結構、食べても大丈夫なんだなー」なんて思ったら危険ですよ!
健康状態によって、大人でも5~6個で中毒症状が起こるそうです。
ぎんなんの毒素は加熱処理をしても緩和したり、消えたりしないそうなので、美味しくても食べすぎ注意です。

中毒症状

ぎんなん中毒による症状は、主に嘔吐と痙攣だそうです。
ほかにも顔面蒼白だったり、呼吸困難、めまいや意識混濁、便秘、発熱なども起こるそうです。

発症時間は、食べてから1~12時間と時間の幅が広く、大抵は24時間から90時間以内に回復するようですが、希に死亡例もあるそうです。
体調不良を感じたらすぐに病院に行きましょう!

ぎんなんを食べる際には用法・用量を正しく守って、美味しく食べたいですね。

いかがでしたでしょうか?
ぎんなんって美味しいのにこんなにも危険だったんですね。
日本人は、ふぐやうなぎ、山菜などにも毒素があるのに良く食べる気になったなと思うことがあります。
その先人たちのおかげで美味しい食材が口に出来るのですけども。

皆さまも食事や体調には気をつけてお過ごしください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 水炊き寒い日には鍋!皆さまはなに鍋がお好きですか? 水炊きのお店があるほど、水炊きが主流の福岡ですが、いつ頃からの文化なのか気になり水炊きについて少し調べてみました。 水炊きの起源は諸説ありますが、1643年に料理物語という当時のレシピ本に「南蛮料理」として載ったのが始まり、江戸時代の終わりまで、長崎の家庭料理として伝えられ長崎の人から博多へ伝わり、博多名物の鶏の水炊きになったそうです。 現代では、水炊きは九州と関 […]
  • 端午の節句は女性の行事だった!こどもの日に変わったのはいつ? こどもの日の別名 こどもの日のほかに、端午の節句(たんごのせっく)という呼び方を耳にした事はありますか? 端午の“端”と言う字は月の端(はし)、始まりと言う意味があり、月ごとに十二支を当てはめ、5月が午になることから、月初めの午の日を端午(たんご)と呼びます。 他に 5月5日が重なる日なので『重五(ちょうご)の節句』 […]
  • うなぎ丼2017年夏の土用の丑は2回!自宅でも美味しくうなぎを食べるコツ! 夏の土用にうなぎを食べるようになったのは江戸時代、うなぎ屋さんが夏に売れなくなる、うなぎを売れるように平賀源内(ひらがげんない)という人から知恵を借り、うなぎ屋の看板に「本日土用の丑の日」と掲げたのが由来といわれています。 実際、うなぎの旬は冬。 夏のうなぎはこってりして味が落ちるといわれ、冬の天然うなぎは、あっさり淡白で脂っこさを感じないそうです。 ただ、近年は養殖う […]
  • 冬の栄養不足にはみかんが効果的! みかんの種類 冬みかんやミカンと呼ばれるものは、大体『ウンシュウミカン』の事を指しています。 温州とは、中国の温州にちなんで命名されていますが、原産は鹿児島県と言われているそうです。 そこからブランドみかんとして様々な名前のみかんが出されているんですね。 甘いみかんの見分け方 みかんですが、食べるまで甘味がわかりづらいですよね。 収穫してから時間が経ってるものは、 […]
  • 本日は夏 土用の丑!「う」のつく食べ物って? 土用の丑の日って? 土用とは本来、木・火・土・金・水の五行思想から用いられた習わしです。 五行は春夏秋冬それぞれを象徴していて、 春は木 夏は火 秋は金 […]
  • キュウリキュウリはいいやつ?悪いやつ?ビタミンを壊すキュウリ! さて、夏野菜の定番といえばなにを浮かべますか? キュウリ、トマト、とうもろこし、なすやズッキーニ、冬瓜、オクラやゴーヤなど。 夏はキュウリやズッキーニ、冬瓜などウリ科の野菜が多いですね。ウリ科といえばスイカもそうです。 特にキュウリは90%以上が水分で出来ているため、みずみずしく暑い夏場にうってつけ! しかしこのキュウリ、実はとんでもないやつだった事を農業高校に通って […]

博多久松おすすめ商品

  • お父さん、いつもありがとう。
  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」

SNSでシェアする

お父さん、いつもありがとう。
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
お父さん、いつもありがとう。
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」