Skip to main content

雑学・豆知識

食べ過ぎ注意!『ぎんなん』には毒がある!?

2017.10.06
ぎんなん

こんにちは、久松のヒサノです。
秋といえば食欲の秋と言うくらい、実りが多い時期。
さつまいもや栗、お米も収穫時期なので新米が食べられますね。
これから紅葉になるとイチョウもきれいに色づいてくる頃ですが、ぎんなんの実に気をつけないといけない時期でもありますね。

道に落ちているオレンジ色の実を見たことはありますか?
あれはイチョウの実でぎんなん(銀杏)といいます。
イチョウも同じく銀杏と書くのでややこしいですよね。

ぎんなんは、いいにおいと言えないほどにおいが強烈でかぶれてしまうので果肉は食べられないのですが、ぎんなんの種は美味しいんですよ。
種は苦味やくさみがあって苦手な人も多いと聞きます。しいて言うなら「大人の味」といったところでしょうか。
その中でも落ちてすぐのぎんなんは苦味やにおいが少ないものもあって食べやすいそうです。苦味がいいという方もいらっしゃるのでお好みですね。
炒りたては、きれいなエメラルドグリーン色の実がホクホクして美味しいので食べる手が止まらないなんてこともあるのですが、この美味しいぎんなんは食べ過ぎに注意だそうです!

今回はそんな『ぎんなん』についてです。

ぎんなんってなに?

ぎんなんはイチョウの実になります。
一般的に食べられているものはイチョウの種子。

イチョウは秋の樹木でも有名なので、知らない方は少ないと思いますが、こんなにも身近なイチョウ、実はレッドリストに指定されています。
レッドリストは、絶滅のおそれのある野生生物をまとめ、一覧にしているものになります。

イチョウ科の植物は恐竜がいたとされる中生代から約6,500万年前の新生代にかけ繁栄し、世界各地でイチョウの化石が見つかるほどでした。
しかし、イチョウ科の植物は氷河期にほぼ絶滅。
現在のイチョウは、生きている化石として唯一現存する種だそうです。

身近な植物が実は『世界古来の樹木』で生きている化石と呼ばれていたなんてロマンがありますね。

ぎんなんには毒がある?

ぎんなんは食べられる種ではありますが、実は中毒性があるので、食べる際に注意が必要です。
日本中毒情報センターによると

経口中毒量
成人 40~300個
小児 7~150個

この数を摂取すると危険とされています。
参考『日本中毒情報センター』 中毒情報データーベースより

特に、お子様は危険です!
解毒機能が発達していないこともあるので、食べさせないことが安全。
大人でも危険なことがあるそうで「結構、食べても大丈夫なんだなー」なんて思ったら危険ですよ!
健康状態によって、大人でも5~6個で中毒症状が起こるそうです。
ぎんなんの毒素は加熱処理をしても緩和したり、消えたりしないそうなので、美味しくても食べすぎ注意です。

中毒症状

ぎんなん中毒による症状は、主に嘔吐と痙攣だそうです。
ほかにも顔面蒼白だったり、呼吸困難、めまいや意識混濁、便秘、発熱なども起こるそうです。

発症時間は、食べてから1~12時間と時間の幅が広く、大抵は24時間から90時間以内に回復するようですが、希に死亡例もあるそうです。
体調不良を感じたらすぐに病院に行きましょう!

ぎんなんを食べる際には用法・用量を正しく守って、美味しく食べたいですね。

いかがでしたでしょうか?
ぎんなんって美味しいのにこんなにも危険だったんですね。
日本人は、ふぐやうなぎ、山菜などにも毒素があるのに良く食べる気になったなと思うことがあります。
その先人たちのおかげで美味しい食材が口に出来るのですけども。

皆さまも食事や体調には気をつけてお過ごしください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • さつまいもの雑学!美味しいさつまいもの見分け方は4つ 「さつまいも」は「薩摩のいも」? 薩摩(鹿児島県)から江戸に渡り、薩摩から来たということで「薩摩いも」と呼ばれるようになったのがきっかけです。 最初は1600年ごろ、中国から琉球(沖縄県)にやってきました。 その時に、中国から来た芋ということで「唐いも(からいも)」と呼ばれるようになりました。 その後琉球から薩摩(今の鹿児島県)に広まり、更にその後薩摩から江戸に渡 […]
  • 博多名物もつ鍋!もつについてご存知ですか? もつとは そもそも「もつ」とはどんなお肉かご存知でしょうか。 もつとは内臓を意味する「臓物」です。 呼び方が違うだけで、「ホルモン」とも呼びます。 臓物の中でも量的に多い小腸や大腸が、もつ鍋などに広く使われています。 そんなもつは、実は栄養を豊富に含んでいるお肉でもあり、抵抗力を強めるビタミンA、疲労回復が期待できるビタミンB群などを豊富に含んでいます。 お肉 […]
  • 2020年 新春おせちカタログ【無料進呈!】 今年の5月、おせちの写真撮影を行いました。 おせち撮影レポート2019【博多久松】 こちらの撮影に参加した際、フードスタイリストさん、カメラマンさんにいつもとは違った表紙の雰囲気について理由を聞いてみました。 どうやら、今年のテーマが関係しているそうです。 今年のテーマ 毎年の表紙レイアウトをパターン化することで、お客様がひと目見たら「今年も博多久松のおせちが始まっ […]
  • お花見のお供に♪高菜昆布のたぬきおにぎり 材料(2人分) ごはん:150~200g 高菜昆布:15g 揚げ玉:スプーン2杯(約15g) めんつゆ:大さじ1 […]
  • 海苔の佃煮で大変身!なんちゃって海鮮チヂミ 「海苔」ということで、「なんちゃって海鮮風」に! どんな具材にも合いますので、お好みに合わせてたくさんアレンジができそうです。 材料(2人分) *海苔の佃煮:大さじ2(お好みの量) *小麦粉:約100g(1カップ) *片栗粉:大さじ2 *卵:1個 *塩:少々 *水:150cc *ニラ:1/2束 ごま油:適量 […]
  • たけのこの秘密!白い粉って? 実は食べられる「たけのこの白い粉」? 水煮によく見られる白い粉のようなもの… この正体は、『チロシン』というアミノ酸の一種が結晶化したものです。 チロシンは脳を活性化しストレス緩和・集中力を高める等の効果があると言われています。 害はないので、洗い流さずそのまま調理して大丈夫なんです! ブドウ糖と一緒に摂取すると吸収が良くなるので、炊き込みご飯にするのがオススメ […]

博多久松おすすめ商品

  • 【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
【博多久松謹製】生姜昆布
【博多久松謹製】お食い初め 焼鯛セット
【博多久松謹製】生姜昆布