Skip to main content

雑学・豆知識

寒い日には鍋!皆さまはなに鍋がお好きですか?

2017.11.09
水炊き

こんにちは、久松のヒサノです
鍋が美味しい時期になってきましたね。
皆さまは、なに鍋がお好きですか?

我が家ではよく「水炊き」をします。
白菜やネギ、鶏肉、豆腐、えのき、水菜、春菊などを鍋に入れ、水から炊き出し、ポン酢醤油で頂きます。
ほかにも、椎茸やあごだしを少し入れて食べる鍋も美味しいですよね。
最後の締めに、ちゃんぽんやうどんの麺を入れたり、おじやにしたり、どの食べ方も美味しいのでいつも迷ってしまいます。
ポン酢醤油で食べる時は、いつもだし汁を少し混ぜてから食べています。
食べ始めは白菜や豆腐がポン酢醤油を吸って酸味が強くなりすぎてしまうので、だし汁を少し足すことで、最初の酸味も抑えられ、さらにまろやかさも追加されて旨味が楽しめるので個人的にオススメしています!

水炊きのお店があるほど、水炊きが主流の福岡ですが、いつ頃からの文化なのか気になり水炊きについて少し調べてみました。

水炊きの起源は諸説ありますが、1643年に料理物語という当時のレシピ本に「南蛮料理」として載ったのが始まり、江戸時代の終わりまで、長崎の家庭料理として伝えられ長崎の人から博多へ伝わり、博多名物の鶏の水炊きになったそうです。

現代では、水炊きは九州と関西で主に発展し、日本全国で食されるようになり、博多水炊きと呼ばれる水炊きは鶏肉とキャベツなどの野菜が主流で、関西は鶏肉と白菜、ネギなどの野菜を使い、ポン酢醤油に付けて食べるそうです。

我が家の水炊きは関西の水炊きだったんだと知って驚きました。
キャベツを入れる時は、もつ鍋が多いので気にしていませんでした。

水炊きやもつ鍋にキャベツを入れる理由は、「美味しいだし汁を薄めないため」だそうです。
確かに、キャベツは白菜より水気が出ませんし、もつ鍋の濃い味を保つにもベストですね!
それに、もつは部位にもよりますが脂が多いのでニラやキャベツ、もやしなども一緒に食べることで胃腸の負担が減るのでとても良いですね。

キャベツの水炊きが気になったので、今度はキャベツの入った水炊きを試してみようと思います。
もし福岡に来ることがありましたら、もつ鍋と水炊き、ぜひ食べてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 冬はりんごを食べよう。体内から元気に! 体にいいこといっぱい! りんごの特徴は「食物繊維が豊富」&「カリウムが豊富」なところです! それが体に与える良い影響について、詳しく説明します。 ①整腸作用 りんごの皮と果肉に含まれる食物繊維の一種である「ペクチン」は整腸作用があります。 ペクチンをエサにする乳酸菌が腸内で増殖し、腸の動きを活発にする働きが期待できるためです。 また、ペクチンは粘性をもつ食物繊 […]
  • インフルエンザをどう防ぐ?実行できる6つのこと インフルエンザとは? インフルエンザとは、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症で、流行する時期は例年 […]
  • 油断大敵!今すぐできる食中毒予防 まずは敵を知ろう!原因と対策はこれ! 食中毒の原因として細菌やウイルスが挙げられますが、 夏に多く見られるのが細菌、冬に多く見られるのがウイルスによるものです。 これからどんどん夏の季節になりますので、 特に細菌に注意していきたいですよね。 それぞれの対策と併せて、菌の種類を見てみましょう。 サルモネラ属菌 動物の腸管や川などの自然界に広く分布し […]
  • 年賀状の季節到来。意外と知らない歴史とは? 年賀状の由来 年賀状の起源は平安時代からとされています。 というのも、平安時代に藤原明衡という貴族が作成した「庭訓往来」に年始の挨拶の文例があるためです。 この頃から、親族やお世話になった人たちへ年始に挨拶をして回る「年始回り」の習慣も一般的に広まったとされています。 この挨拶に手紙を使用するのは、当時は一部の貴族だけで、遠方でなかなか会えない人に送っていたそうで […]
  • 2018年の半夏生はもうすぐ!たこ・鯖・うどんが大活躍! 半夏生の由来とは? 半夏生は夏至(1年で一番日が長い日)から数えて11日目。今年、2018年は7月2日にあたります! また、「半夏生」は暦日の一つで、本格的な夏が来る前に田植えなどで疲れた身体を休める時期とされてきました。 農家の方はこの日までに田植えを済ませ、 半夏生以降は田植えをしないという習慣がありました。 そしてなぜ「半夏生」という名前なのかと言うと […]
  • 梅雨の体調管理は食から! 梅雨バテの正体 梅雨時期には湿気が多くなり、私たちの体内にもその湿気が入ってきます。 その影響で体調不良を起こしやすくなるのですが、 人体への悪影響を及ぼす湿気を東洋医学では「湿邪」と呼んでいます。 さらに、「外湿」と「内湿」の2つのタイプがあり、 タイプごとに目立つ症状も異なります。 ▼外湿とは…雨などで湿気の多い時期、体内の水が外に出て行きにく […]

博多久松おすすめ商品

  • 1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布
1kg焼鯛付き「お食い初めセット」
【博多久松謹製】生姜昆布