Skip to main content

雑学・豆知識

6月29日は佃煮の日!歴史との深い関わり

2019.06.28

こんにちは、久松のヒサノです。
毎年6月29日は「佃煮の日」です!ご存知でしたか?
今回は、佃煮の日についてご紹介します。

佃煮の由来

◇佃煮の名称
「佃煮」という名前の由来は、地名に由来しています。
その地名というのが「佃島(現在の東京都)」です。
その地に住む漁民らは、保存の利くように小魚を煮込んだ小魚煮を作っており、
その小魚煮を地名にちなんで「佃煮」として売り出したのが始まりと言われています。

◇佃煮とつながりのある歴史
織田信長が明智光秀によって討たれた「本能寺の変」が、佃煮と深い関わりがあると言われています。
信長が討たれた後、信長の盟友である徳川家康は身の危険を感じ、三河国(現在の愛知県)に引き返そうとしました。
が、既に光秀により退路は立たれていたため、迂回しての脱出を試みたのです。

しかしその最中、大阪の神崎川にさしかかりました。
その川を渡る術が無く困っていたところを、大阪佃村の庄屋「森 孫右衛門」と配下の漁民らが舟とともに小魚煮を差し出しました。

そのお陰で家康らは、無事に岡崎城へ辿り着くことができました。
家康は彼らへの恩を忘れず、江戸幕府を開いた後に森孫右衛門と漁民を江戸へ移住させます。
彼らが移住した場所は、佃村にちなんで「佃島」と名づけられることとなったのです。
このことが佃煮という名称の由来に繋がります。

佃煮の日とは?

森孫右衛門と漁民が移住した佃島では、1646年6月29日に神社が造営されました。
住吉神社といい、そこには佃村の御神霊を祭られています。
そこで「29日」「ツク」と語呂あわせして、「佃煮の日」と名づけられたのです。

その後、全国調理食品工業協同組合は2004年1月1日に「佃煮の日」を日本記念日協会にて制定します。
参照:全国調理食品工業協同組合

佃煮の種類

佃煮とは、小魚、貝類、海藻などを醤油、砂糖、みりんなどで味濃く煮つめた食品のことをいいます。
材料が豊富なだけに佃煮の種類も盛りだくさんで、主な物でも100種類以上あるそうです。
博多久松でもいくつか佃煮を取り扱っています。

◇焼き海苔佃煮
板海苔の食感を味わえる、海苔の佃煮です。
海苔の香りや食感をしっかり残したまま佃煮にしているので、いつもの海苔の佃煮とは違った食感が味わえます。

◇高菜昆布
醤油で煮込んだ昆布の佃煮と、辛子高菜を和えており、
高菜のシャキッとした食感がアクセントになっています。

◇生姜昆布
醤油で煮込んだ昆布の佃煮と、細長く切った生姜を和えており、
醤油と昆布、生姜の3つの旨味が楽しめます。

記念日もいろいろありますが、「佃煮の日」は歴史が深く絡んだ記念日でした。
みなさんも是非、佃煮の日に召し上がってみるのはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 生後100日目のお祝い。お食い初めの基礎知識! お食い初めとは? 新生児に乳歯が生え始める生後100日頃の時期に、「一生涯食べることに困らないように」と赤ちゃんの健やかな成長を願ってお祝いする大切な儀式です。 地域によっては百日祝い(ももかいわい)とも言います。 お食い初めの献立 儀式では、赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をします。 その献立は一般的に一汁三菜です。 一汁三菜とは、一汁は汁物を1品、三菜は料理を […]
  • 短冊の色で願い事が違うことをご存知ですか? 七夕の由来 七夕は「しちせき」とも呼ばれます。だとすると「なんで、たなばたって言うの?」となりますよね。 七夕の由来となる話は、3つ存在していて、それぞれ7月7日に関係するものばかりです。 中には時代の流れとともに形を変え、伝えられたものも多くあります。今回は有名な3つをご紹介します。 七夕の名前 1つ目は日本の神事として行われていた棚機(たなばた)。 七夕が「た […]
  • 知っていますか?ハロウィンにまつわる由来・食べ物の話 ハロウィンの起源 アイルランドの古代ケルト民族による、サウィン(収穫祭)が起源といわれています。 古代ケルトでは10月31日は、夏の終わり(収穫の終わり)を意味し、1年が11月1日~10月31日とされ、大晦日にあたる10月31日に先祖の霊が家族の元に帰ると信じられていました。 更には悪霊や魔女が蘇えり町をさまようとも言われていたため、人々は邪気を払い家に入らないよう、魔 […]
  • 七五三のお祝い♪千歳飴の意味をご存知ですか? 七五三では何をするの? 七五三とは子供の成長と健康を祝い、縁起の良い数字とされる3歳・5歳・7歳に神社にお参りをする行事です。 11月15日に盛大にお祝いするようになったのは、江戸時代に将軍の徳川綱吉が息子の健康を盛大に祈願したことから広まったという説もあります。 当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3~4年経ってから戸籍に登録をしていた程だそうです。 そのため、 […]
  • 海苔に感謝!2月6日は海苔の日 海苔の日とは? 海苔の日には「大宝律令」という大宝元年の法律が関係しています。 大宝元年(西暦701年)に制定された「大宝律令」によると、当時は29種類の海産物が租税として納められており、その中の海草のひとつとして海苔も表記されています。 租税として選ばれていた海苔は、当時はとても貴重で高価な食べ物だったのです。 その史実をもとに、全国的な海苔の消費推進の日として […]
  • 知っていますか?11月15日は「こんぶの日」! 「こんぶの日」とは? こんぶの日には、「育ち盛りの子どもが栄養豊富な昆布を食べて元気になって欲しい」「昆布を食べる習慣をつけてほしい」という願いが込められています。 11月15日といえば「七五三」の日なのですが、新しい昆布が市場に出回る時期であるということと、子ども達の健やかな成長を祝う「七五三」の行事とあわせて、1982年に日本昆布協会が制定しました。 この手 […]

博多久松おすすめ商品

  • 2020年 新春おせち特集
  • 【博多久松謹製】生姜昆布
2020年 新春おせち特集
【博多久松謹製】生姜昆布
2020年 新春おせち特集
【博多久松謹製】生姜昆布