Skip to main content

雑学・豆知識

梅雨の体調管理は食から!

2018.05.28

こんにちは、久松のヒサノです。
もう少しで6月、梅雨の時期がやってきます。

地域によっては既に梅雨に突入しているようですが、
皆さんは雨でバテていませんか?
体温調節が難しい気候になりますので十分にケアをしていきましょう。

梅雨バテの正体

梅雨時期には湿気が多くなり、私たちの体内にもその湿気が入ってきます。
その影響で体調不良を起こしやすくなるのですが、
人体への悪影響を及ぼす湿気を東洋医学では「湿邪」と呼んでいます。

さらに、「外湿」と「内湿」の2つのタイプがあり、
タイプごとに目立つ症状も異なります。

外湿とは…雨などで湿気の多い時期、体内の水が外に出て行きにくくなります。

[症状]むくみ、だるさ、皮膚トラブル、尿トラブル
⇒やはり、“体内に水分が多く溜まっている”ことが関わっているようです。

内湿とは…内臓の機能低下により体内に水分が溜まります。

[症状]胃もたれ、下痢など胃の不調、食欲不振、倦怠感
⇒こちらの症状は“胃の不調”が見られます。

私も雨の日は頭が重いので、やっぱりこれは雨のせいだったのか!と確信しました。
皆さんも何か当てはまる症状はありましたでしょうか?
原因が推測できた所で、元気に梅雨を過ごすための対策をご紹介します。

湿気に負けない!味方の食べ物

先ほど分かったとおり、「体内に水分が溜まる」ことで梅雨バテに繋がっています。
かと言って、水分を取らない!といった対処をしてしまっては返って身体によくありません。
適度に汗で水分を流し、日頃の食事内容を見直してみましょう。

【おすすめの食べ物】

カリウムをバランスよく摂ることにより、余分なナトリウムを排出して高血圧を予防し、体内の浸透圧のバランスを改善して、便秘やむくみを解消できると考えられています。

特に旬の野菜や果物は、その季節の体調に合った作用をしてくれます。
これからの季節だときゅうりやトマト、ゴーヤなどが旬ですよ。

ちなみに、野菜は生で食べると身体を冷やす原因になるので、
なるべく火を通して食べると冷え対策にもなります。
野菜炒めやスープの具にすると、効率よく食べれそうです。

今年の梅雨は、この知識を活かして乗り越えてみたいと思います!
皆様も体調に気をつけてお過ごしください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

  • 油断大敵!今すぐできる食中毒予防 まずは敵を知ろう!原因と対策はこれ! 食中毒の原因として細菌やウイルスが挙げられますが、 夏に多く見られるのが細菌、冬に多く見られるのがウイルスによるものです。 これからどんどん夏の季節になりますので、 特に細菌に注意していきたいですよね。 それぞれの対策と併せて、菌の種類を見てみましょう。 サルモネラ属菌 動物の腸管や川などの自然界に広く分布しており、 […]
  • たけのこの秘密!白い粉って? 実は食べられる「たけのこの白い粉」? 水煮によく見られる白い粉のようなもの… この正体は、『チロシン』というアミノ酸の一種が結晶化したものです。 チロシンは脳を活性化しストレス緩和・集中力を高める等の効果があると言われています。 害はないので、洗い流さずそのまま調理して大丈夫なんです! ブドウ糖と一緒に摂取すると吸収が良くなるので、炊き込みご飯にするのがオススメ […]
  • 超簡単!海苔佃煮と長芋のふわふわグラタン レシピ 長芋のグラタンや鉄板焼といえば、私は居酒屋などでよく目にするイメージがあるのですが、 ご家庭でもとても簡単に作ることができます。 長芋をすりおろすだけであっという間に美味しいご飯のできあがり! 今回は、焼き海苔佃煮とも相性バッチリな簡単レシピをご紹介します [材料(2人分)] ・長芋:150g ・焼き海苔佃煮:大さじ2程度 ・ス […]
  • 栄養を取り戻せ!熱中症に効果的な食べ物は? 熱中症の症状 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。 症状 ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い ○頭痛、吐き気 […]
  • 年賀状の季節到来。意外と知らない歴史とは? 年賀状の由来 年賀状の起源は平安時代からとされています。 というのも、平安時代に藤原明衡という貴族が作成した「庭訓往来」に年始の挨拶の文例があるためです。 この頃から、親族やお世話になった人たちへ年始に挨拶をして回る「年始回り」の習慣も一般的に広まったとされています。 この挨拶に手紙を使用するのは、当時は一部の貴族だけで、遠方でなかなか会えない人に送っていたそうで […]
  • 冬はりんごを食べよう。体内から元気に! 体にいいこといっぱい! りんごの特徴は「食物繊維が豊富」&「カリウムが豊富」なところです! それが体に与える良い影響について、詳しく説明します。 ①整腸作用 りんごの皮と果肉に含まれる食物繊維の一種である「ペクチン」は整腸作用があります。 ペクチンをエサにする乳酸菌が腸内で増殖し、腸の動きを活発にする働きが期待できるためです。 また、ペクチンは粘性をもつ食物繊 […]

博多久松おすすめ商品

  • 母の日特集
  • 【博多久松謹製】お食い初めセット
母の日特集
【博多久松謹製】お食い初めセット
母の日特集
【博多久松謹製】お食い初めセット